graf 荒西浩人さんによる 「マイお箸を作ろう!」ワークショップのお知らせ

4月のアロマセラピーワークショップ
5月の紅茶のセミナーとgraf服部滋樹さんとのトークショーに続いて
1周年記念の最終イベント、graf 荒西さんによるお箸のワークショップを開催します。

体の健康は食事から始まります。
私たち歯科医院はその食事をするのに欠かせないお口の健康を守るお手伝いをしていますが、今回はもうひとつ食べることに欠かせない道具「お箸」を手作りすることによって、「食べる」ことの大切さを考えていこうと思い、graf荒西さんにこの企画をお願いしました。

そして、マイお箸をお願いしたもうひとつの理由は、普段割り箸を使ってしまいがちな習慣を変えましょうという提案でもあります。
今日本では一人当たり年間200膳近い割り箸を消費しているといわれています。
2日に1膳は使っているということです。
そしてそのほとんどは輸入をしています。
つまり世界のどこかで日本の使い捨ての割り箸のために木が伐採されているのです。
木が伐採されることによる森林破壊も深刻です。
また、割り箸自体の安全性も懸念されています。
自分のお箸を持ち歩く、それは自分の生活も地球の環境も守ることになります。
小さな一歩ですが、お箸を作りながらそんなことも一緒に考えていませんか?

そしてgrafの家具職人 荒西さんは本当に楽しく素敵な方です。楽しいトークと職人気質な心意気に触れてください。
皆様のご参加お待ちしています。

日時 6月21日(日)
   15時から18時(延長の可能性あり)
場所 心斎橋山田兄弟歯科
参加費 2500円
募集人数 10名(残り4席)
連絡先 06-6281-8555(心斎橋山田兄弟歯科)