日本審美歯科協会学術講演会に行ってきました

春とはいっても朝夕はまだまだ冷え込みますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

3月19日に、日本審美歯科協会学術講演会が開催され、例年は九州で行われていましたが、今年は京都国際会館で開催されるということで、当院の歯科医師みんなで参加してきました。

 

内容は、歯の根の治療、インプラント、審美、咬み合わせなど、各分野の最先端の専門家が、実際に臨床の現場で遭遇した難症例について、その解決策をどうするか、複数のスペシャリストでディスカッションするというものでした。

また、特別講演には日本を代表する補綴家(いわゆるお口の中が完全に壊れてしまった人に対して機能的にも審美的にも完全に回復する専門家)の本多正明先生にお話しして頂きました。

どの先生の講演も素晴らしく、大いに刺激を受け、みんなで話し合いながら帰りました。患者さまにより良い治療が提供できるよう、日々精進していこうと思います。
千里 北野