子どもの虫歯予防

こんにちわ。千里の歯科医師の北野です。梅雨明け前の天候不順の日が続いていますが、皆様、体調など崩されていませんか。

今日は、先日、子育て中の友人から相談された、お子さんの虫歯予防について、お話したいと思います。

虫歯菌は、赤ちゃんの歯が生え出すと口の中に住み始め、その菌の約70%はお母さんから来たものと言われています。そのため最近では、「虫歯は感染症」と考えられています。そして、3歳頃まで虫歯菌の侵入を防げれば、他の菌が住み着くので、虫歯菌は入りにくくなり、この時期を遅らせるほど、虫歯予防になります。

また、虫歯菌のいる子といない子の生活習慣を調べたところ、虫歯菌と関係があるのは、

  1. おやつの回数が多い
  2. 早くから甘い物を食べ始めた
  3. 母親(家族)の虫歯が多い

と、言われています。

このことから、虫歯菌の感染を予防し、虫歯を防ぐには、家族みんなが口の中をきれいにし、また、砂糖を与えないことが大切です。

最近検診がご無沙汰の方も、可愛いお子さんやお孫さんのために、一度、歯科医院に来られてはいかがでしょうか。