ペンシルバニア大学教授による講習会に参加しました。

学園前所属 歯科医師の杉森です。

10月20日から10月22日の3日間お休みを頂いて、理事長と山田理人先生、そして僕の3人でペンシルバニア大学の臨床教授による講習会に参加するべく神奈川県まで行ってまいりました

ペンシルバニア大学歯内療法科(歯の根の治療)の臨床准教授と補綴科(被せ物)の臨床准教授の二人と、根の治療において世界的に有名な寺内吉継先生にご教授頂きました。

 

連日8時30分から19時30分まで実習と講義があり、盛り沢山の3日間でした!!

 

特に根管治療の実習はすごく為になりました。

↑↑

最終的な薬の入った状態ですが、従来の器具だと歯の根の中を多く削らないといけなかったのが、この道具を使うと根の中を削る量が最小限に抑えられました(^o^)

理事長と山田理人先生も実習に熱中してました!!

 

3日間通して膨大な文献量と技術を学ぶことができましたが、朝から晩まで勉強漬けという他の勉強会とはまた違う刺激も受けることができました。

 

今回学んだ膨大な知識量や技術はとても多いですが、一日でも早く患者様に還元できるように忘れないうちに復習しようと思います!!!!