歯磨きでインフルエンザ予防( ˘ω˘ )

こんにちは
千里山田兄弟歯科スタッフの松村です

もうすぐ12月ですね
インフルエンザが流行してきていますが、みなさんご体調崩されてませんか??

この時期は手洗い・うがいをまめにしたり、インフルエンザの予防接種を受けられる方も多いと思います
今日は歯磨きとインフルエンザの関係についてお話します

インフルエンザウイルスは咳やくしゃみによって空気中に飛散し、それを吸い込むことによって鼻や喉の粘膜に付着し、ウイルス感染します
鼻や喉の粘膜にはウイルスが付着しないようタンパク質の膜で覆われているのですが、口腔内の細菌が増加すると、このたんぱく質の膜が破壊され、ウイルス感染しやすくなってしまうのです

つまり口腔内の細菌をいかに増やさないことがとても大切なのです
口腔内にある細菌は歯垢や歯石などにたくさん付着しています。
歯磨きを正しく丁寧におこない、口腔内の細菌を減らすことで、結果的にインフルエンザ予防につながるのです

ある介護福祉施設で丁寧な歯磨きと舌磨きの指導を行ったところ、インフルエンザの発症率が10分の1に激減したという研究報告があります。
以前テレビでも取り扱われていました

その他にも…
・夜寝ている間に口腔内の細菌が繁殖するため、朝起きて歯をすぐ磨く
・舌の上にも細菌が繁殖しているため、舌を磨く
・歯科で定期的に歯石除去をする
・細菌がたまりやすい歯ブラシは1か月に1回を目安に交換する

などもインフルエンザ予防に効果的です

 

山田兄弟歯科では、来月から全商品8%OFFのSALEが始まります


この機会に、舌専用の舌ブラシや、起床後すぐの歯磨きが面倒という方には、
起床後手軽にできる洗口液などを使ってみてはいかがでしょうか

千里医院ではSALE期間中、500円以上ご購入の方に粗品をプレゼント
さらに3500円以上ご購入の方にはちょっと豪華なおまけをご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください