月別: 2016年7月

 July 熱中症には気をつけましょう!!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

この時期イベントも多く
外出される方も多いと思いますが
熱中症にはご注意を

のどが渇いたと感じた時はすでに
かなりの水分不足になっていることが
あるといわれています
渇きを感じる前に少しずつ水分補給をしてください
大量の汗と一緒に塩分が失われますので
無理はせず小まめな水分補給が重要です

熱中症を予防する為には暑さに負けない体作りが大切です
気温が上がり始める初夏から日常的に適度な運動を
おこない適切な食事、十分な睡眠をとるように
しましょう

体調をくずすと免疫力が低下しさまざまな
病気にかかりやすくなります
もちろんお口の中の健康にも影響を与えます
お口の中には300種以上の細菌がいます
それなのに普段、悪さをしないのは免疫力と
細菌の力関係がうまく保たれているからです

しかし免疫力が低下すると
このパワーバランスが崩れてしまい
歯ぐきが腫れたり、口内炎ができたり
口臭、歯周病の原因にもなったりします

体調にも気をつけてお口のケアもしっかりしながら
この暑い夏をのりこえましょう

ミツヨシ
*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:

日本臨床歯周病学会へ行ってまいりました!

こんにちは、千里山田兄弟歯科 歯科衛生士の戸嶋です。
毎日暑い日が続きますが、みなさん体調はいかがでしょうか?

戸嶋たちは先日、福岡で開催された「日本臨床歯周病学会 第34回年次大会」
へ行ってまいりました

7月9日(土)と10日(日)の2日にわたる、大きな学術大会です。

始発の新幹線『みずほ』で行ってまいりましたよ~

会場は全国から集まったたくさんの衛生士や歯科医師の方々でいっぱいでした!
入り口前で当院スタッフとパシャリ

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、当院の衛生士、藤井と力丸は、この臨床歯周病学会の認定を受けた歯科衛生士なんです。
認定歯科衛生士は、歯周病に関する知識と技術を学会から認められた特別な衛生士です
いわば臨床歯周病学会のお墨付き!私たちの憧れ!

もちろん私たちもこのレベルに追いつけるように、今回の学会のみならず、たくさんの勉強会に足を運んでおります

学会前

一日目は塾の夏期講習みたいに、自分の興味のある講習を受講するという形式でしたので、スタッフそれぞれ夕方までみっちりとお勉強をしてきましたよ~

さて、夜になるとみなさんお楽しみのご飯です!
炊き餃子が美味しいという情報により、7人で行ってまいりました。

ぎょうざ

クーラーで冷えきった身体もほっこり温かくなりましたよ~

ごはん

さらに2軒目!

らーめん

博多一幸舎のラーメンです
実は大阪でも食べられるんですが
 本場のラーメンは美味しいなぁ


もちろんホテルに着いたらしっかりと歯ブラシ、フロスをして寝ました!
ホテルのアメニティには歯ブラシはあるのですが、フロスが付いていないのが普通ですよね。
こういうとき、まだまだ日本にはフロスをするという習慣が根付いていないのかと痛感します。。。

2日目は全国的にも有名な先生方のお話を聞くことができ、計2日にわたる臨床歯周病学会を満喫して帰ってまいりました!

医療は日々進歩していきますので、自分の知識を常にアップデートしていけるよう今後も研鑽していく所存です!

知覚過敏の日

こんにちは!学園前の大西です。

7月に入りましたが、まだまだ梅雨。天気予報も雨マークばかり・・早くカラッと晴れた日がきてほしいですね!

さて先月はブログにもあった通り、虫歯予防月間でした。これはとても有名で世間でも多くの方がご存じだと思います。
そして今月はあまり知られていませんが、7月25日は知覚過敏の日です。
725→夏氷=かき氷=冷たい食べ物からきているそうです。
冷たい食べ物となにが関係あるのかわかりますか?
知覚過敏とは、虫歯でもないのに冷たいアイスやかき氷、また歯ブラシの毛先が触れると痛む・しみるという症状があります。
そのため7月25日が知覚過敏の日になったんですね。
気になるのが、なぜ知覚過敏になるのか。その原因は歯のエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。
簡単に言うと歯磨きのやり方や歯周病や歯肉炎・歯ぎしりや噛み合わせが原因で、歯の表面が削れてしまって痛みが出ています。
知覚過敏にならないためにも、歯科衛生士さんに正しいブラッシング方法を教えてもらい、歯周病や歯肉炎にならないように定期健診に来てくださいね!

また当院では、知覚過敏用の歯磨き粉も販売していますので、ぜひ、お試しください。
1