患者様よりメッセージを頂きました

 山田正人先生とは、25年ほど前からのおつきあいです。鴫野で開業しておられた独身時代の先生に虫歯を治療していただきました。治療も素晴らしかったのですが、もっと良かったのは、虫歯にならないための日頃の心がけを教えてもらったこと。高齢になっても「歯無しにならない話」をしてくださいました。私に話すだけではものたりないと思われ、私が牧師をしている教会までわざわざおいでくださって、皆に同じような話をしてくださいました。もちろん無報酬で。「歯の治療でかせごう」と思っている歯医者さんでないことがよくわかりました。その後、毎年案内いただく「定期検診」は、多忙を理由にさぼることが多かったのですが、年賀状を交換する間柄はずっと続いていました。
 
 一昨年、心斎橋に新しい病院を開設されたことを知らせていただいて、一度伺いたいなと思っていました。ちょうどグッドタイミングで、昔治療していただいた歯の根っこが痛み出しました。すぐに行ってみると、今までの医院とはかなり違った雰囲気。個室が幾つもあって、十名ほどの歯医者さんや歯科衛生士が対応しておられるのです。コンピュータ付きの治療台が各部屋にあり、最新の設備が整っています。「すごいな」とびっくりしました。治療も、予約した時間にきっちりと始まります。山田先生ひとりではなく、数人で分担しての作業。安心して治療を受けることが出来ました。

 ただ幾つか、「こうしたらもっと良いかな」思うことがあります。最初に、今回の治療のためにはどれくらいの期間と費用が必要なのかを、大体のところで良いですので教えていただければ、治療を受ける者として嬉しいこと。また、各回の治療の前に、その日にどのような処置をするのか、また次回にはどうするのかなどを話していただければ、さらに安心です。

 受付のスタッフを含め、皆さんが明るいので、ここに来るのが楽しくなります。といっても、毎日毎日丁寧に歯の手入れを行って、できるだけ来なくても良いように心がけます。それが(儲からなくても)皆さんの望んでおられることでしょうね。

                池田中央教会牧師  鎌野善三

永年お付き合いさせていただいている鎌野様からこのようなコメントを頂きました。うれしい限りです。永くお付き合いできる患者様こそ診療所の財産であると信じておりますし、また逆に患者様にとっても我々の診療所が財産であれば、と願って日々診療しています。お褒めの言葉と同時にお叱りの言葉もしっかりと受け止めたいと思います。治療前後の説明をしているはずなのですが十分にはお伝えできていないことに改めて気づかされます。けれどもこのようなキャッチボールができることをとてもうれしく感じております。

                           山田正人

歯石と歯周病

こんにちは。学園前・衛生士の三木です。
2月も半ばに入り、少し最近は暖かくなってきましたね。
私は先日、出産から復帰し、今は育児と仕事の両立で、改めて、母の偉大さ凄さを実感している毎日です。産休中は皆様にご迷惑をおかけし、改めてご挨拶を申し上げます。

さて、今月は「歯石と歯周病」です。
私は歯科衛生士という職柄、歯周病について皆さんにお話できたらと思います。

皆さんは歯石とはどのようなものか、理解して頂けていますか?
歯石は歯周病と大きな関係があります。
歯石とは、ネバネバした柔らかいプラークが唾液の中のカルシウム成分に沈着し、石に変化したものが歯石です。しかし歯石自体は石ですから、病原性はありません。
では、なぜ取らなければならないのでしょう?
歯石の表面はざらざらしており、顕微鏡で拡大してみると小さな穴がたくさんあいた軽石のような構造になっています。この穴の中に細菌が潜り込んでしまえば、歯石の上をいくらブラシでこすっても中まではきれいにできません。この歯石は細菌のアパートのようになります。居心地のいい住居を見つけた細菌は活発に増殖し、どんどんと毒素を出し、歯石に近い骨が溶けていき、さらに骨が溶けてなくなったスペースをめがけてまた歯石がついていくのです。
歯石を取る目的は、ざらざらの歯の表面を滑らかにして、プラークがつきにくいようにし、プラークコントロールがしやすい環境をつくることなのです。

これからも定期的な歯石除去、検診を受けて下さいね。

無題

「山田兄弟歯科とステキな不思議」

山田兄弟歯科のスタッフの方々は、良い意味で「らしくない」です。
皆さんとても洗練されて上品で、それでいてとても気さくで親しみやすいため、ついついおしゃべりをしてしまい、お仕事の手を止めてしまうこともしばしばです(ごめんなさい)。いっそのこと「治療」なしでお茶会とかに呼んでいただきたいと思っているのは、きっとワタシだけではないはずです。
そこを狙ってか(?)、山田兄弟歯科ではじつにさまざまな楽しいイベントが行われています。いつもの待合室がイベントホールやワークショップ会場に早変わりし、スタッフの方々もこのときばかりはカフェの店員さんやアーティストに変身するさまは、きらきらとステキで、やはり「らしくない」なあと思うのです。

そして、診察室も「らしくない」です。
個室治療は素晴らしい反面、歯医者さんに通うのが苦手な人にとっては「逃げられない空間」でもあり、ワタシも通い始めるまでは「少しこわいかも」と心配していました。けれど、なぜかいつもそれほど緊張しないのです。その理由は、もちろんステキなスタッフの方々のなせるわざですが、それともうひとつ、診療室内にある「木のイス」にあるのではないかと密かにワタシは思っています。
山田兄弟歯科の診察室には、アンティークの木のイスがひとつ置かれています。おそろしげな歯科用機器のなかにすとんと置かれた木のイスは、ほどよい違和感と、歯医者さんらしからぬ心地よさを生みだして、なんとなくひとを落ち着かせる効能があるのではないでしょうか。

そんな心斎橋の山田兄弟歯科をプロデュースしているのが「graf」。
もともとワタシは、grafの「きどらない格好良い空間」がお気に入りでした。
なので今も、お気に入りのインテリアに触れて美味しいお料理をいただきたいときなどは、よく中之島のgrafビルに出かけていきます。
そんなお気に入りのgrafと、「らしくない」ステキなスタッフの集まる山田兄弟歯科。
この最強の「ハコ×ヒト」は、いつも贅沢でやわらかな時間を約束してくれます。

「だから、用事がなくてもついつい寄ってみたくなる」
山田兄弟歯科は、そんな不思議なステキな歯医者さんです。

患者さま K・Kさまより

福袋

こんにちは

やっと1月も半ば過ぎ  お正月はずいぶん以前のことに思いますがまだ今月な

んですね 長く感じるのは私だけではなさそうです この前電車に乗っていたら

私と同じ思いの似たような会話がもれ聞こえました

さてお正月といえばバーゲン、 福袋とお買いもの好きには楽しい時期です

心斎橋山田兄弟歯科も企画しました 福袋も 好調で残りわずかとなりました

  これも入ってるの?と思うほど 本当に超お得なんです

 実はわたしもほしかったんですが ・・・ スタッフはダメでしょうね

デンタルエステチケットもついてるので ピカピカの歯になって今年のスタート

を切ってください

もちろん バレンタインキス の前に使っていただいても OKですよ

どうぞご自由に・・・  お待ちしております
                            F

              
                

心臓を労わる

あけましておめでとうございます。 
2000年になって10年目に突入する今年も年初から、大寒波で寒がりの私は自宅では、ストーブの前から動けません!それでなくともお正月だらだらして食することが多く、またもや 身体に良からぬものをため込んでしまって「○○計」を横目に見て毎日過ごしています。
最近(歳のせいか・・・)口腔の健康だけでなく、全身の健康を気にするようになりました。寒いこの季節に負担を増す 「心臓」について口腔内と密接に関係することが明らかになり、学会に行くと研究テーマによくだされているので、情報をお伝えします。  
「口の中」は身体の一部なのですが、「別物」と口腔内の健康を軽く考えていると 他の臓器にも影響し 病気の原因になります。
「食すること」は生きていく為の原点です。口の中が健康であることが全身の健康につながります。
「身体の健康はまず口の中から」という思いを今年も忘れずに診療にあたりたいと思います(良からぬものは口の中や身体に溜めないようしましょう)

さて、今月のテーマは「心臓を労(いた)わる」です。

中高年が歯を失う最大の原因は歯周病です。歯と歯茎の間(歯周ポケット)にたまった歯周病菌が毒素をだし、歯茎の腫れや出血を引き起こし、進行すると歯を支える骨まで破壊し やがて歯が抜けてしまいます。この歯周病菌が実は心臓病まで引き起こす可能性があります。

歯周病菌は血液の流れに沿って、心臓に酸素などを送る冠動脈に届き、血管壁に潜りこんで炎症を引き起こします。硬く変化した血管壁が破れるとたまっていた脂肪分が血管内に流出し、血液の塊ができて心筋梗塞などを引き起こします。

歯周病が「ある人」は「ない人」に比べ、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を発症する危険性が   

1、2~1、5倍になることがわかりました
心疾患をお持ちの方、あるいはその予備軍の方は、歯周病予防をし、治療をすれば 心臓病になる危険率は低下します。

歯周病菌の塊(歯垢=デンタルプラーク)を除去する最善の方法は機械的に除去すること・・・つまり「ブラッシング」です。

ご自分にあった方法を 当院の歯科衛生士にご相談ください。
心臓