インプラント

インプラントとは

歯は食べたり、話したりするという毎日の生活になくてはならない重要な役割を果たしています。
無くなってしまった歯の治療にはブリッジや入れ歯という治療方法もありますが、強度、見栄えや使い心地でインプラントにはかないません。
インプラントによる治療を行うと、自分の歯と同じように噛んでおいしく食事をし、思いっきり笑い、はっきりと話すことができるようになります。
インプラントは、あごの骨に純チタン製の小さなネジを埋め込みその上に人工の歯を取り付けるもので、すでに50年以上前に研究・開発された長期間実績のある治療方法です。

天然歯とインプラントの比較

インプラントと
従来の治療方法の比較

インプラントによる治療は、次の場合に可能です。

歯を1本失った場合

歯を1本失った場合

従来(ブリッジ)

インプラント

治療方法

  • 従来の治療方法

    失った歯の両隣の歯を削る、1本の歯の代わりとなるブリッジを使⽤します。

  • インプラントでの治療方法

    インプラントとセラミック⼈⼯歯を使い、両隣の歯を削らずに治療をします。

メリット

  • 短い治療期間となります。

  • メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持することができます。

    健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。

    あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。

    自然に噛むことができます。

デメリット

  • 両隣の健康な歯を削る必要があります。

    削られた歯への負担が増加します。

    歯を失った部分の骨がやせていきます。

  • 健康保険が適用されない治療となります。

    簡単な手術が必要です。

歯を数本失った場合

歯を数本失った場合

従来(部分入れ歯)

インプラント

治療方法

  • 従来の治療方法

    部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

  • インプラントでの治療方法

    インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

メリット

  • 短い治療期間となります。

  • メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持することができます。

    天然歯に近い見栄えです。

    あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。

    自然に噛むことができます。

    口元を気にせず、自然に話すことができます。

    入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット

  • バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。

    バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。

    違和感を感じることがあります。

    歯を失った部分の骨がやせていきます。

  • 健康保険が適用されない治療となります。

    簡単な手術が必要です。

歯を全て失った場合

歯を全て失った場合

従来(総入れ歯)

インプラント

治療方法

  • 従来の治療方法

    個人に合わせた総入れ歯を、歯ぐき全体にかぶせます。
    また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

  • インプラントでの治療方法

    インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

メリット

  • 短い治療期間となります。

  • メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持することができます。

    天然歯に近い見栄えです。

    あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。

    自然に噛むことができます。

    口元を気にせず、自然に話すことができます。

    入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

デメリット

  • 入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。

    硬い物を噛むと、入れ歯が歯ぐきを圧迫し、痛みを感じることがあります。

    味覚に影響する場合があります。

    入れ歯と歯ぐきの間に食べた物がはさまる場合があります。

    あご全体の骨がやせることがあります。

  • 健康保険が適用されない治療となります。

    簡単な手術が必要です。

インプラント治療の流れ

インプラント手術は、局所麻酔下で行われ、あごの骨にインプラント体(人工歯根)が埋め込まれます。
手術後に治療期間をおき、インプラント体とあごの骨がしっかり結合したらアバットメント(支台)と人工歯をインプラント体に取り付けます。
インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療した部分に限らず、口腔内全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。

  • 診査と治療計画

    • 患者さまの全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行います。
    • あごの骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、レントゲン・CT撮影を行います。
    • これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さまに適した治療計画を立案します。
  • インプラント体の埋入と治癒

    インプラント体の埋入と治癒
    • 局所麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
    • インプラント体と骨が結合するまで、期間をおきます。
    • 治癒期間はインプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。
  • アバットメント(支台)の装着

    アバットメント(支台)の装着
    • インプラント部分の精密な型取りを行います。
    • 患者さまに適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。
  • 人工歯の装着

    人工歯の装着
    • アバットメントに適合し、患者さまの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
    • 口腔内にぴったりを合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。
  • 治癒後の歯磨きと定期健診

    • 天然歯と同様に、よくお手入れしてください。
    • 毎食後、そして、就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
    • 歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
    • 山田兄弟歯科で定期的なメンテナンスを受けてください。

インプラントが患者さまに適した治療方法であるかを判断する上で、歯科医師の経験が重要な役割を果たします。
インプラントにはさまざまなタイプがあり、インプラント治療が患者さまに最適な選択肢か、
また、どのインプラントのタイプが最善の選択肢となるかについては、インプラント治療経験が豊富な山田兄弟歯科にご相談ください。

山田兄弟歯科の
インプラント

世界中で信頼のあるインプラントメーカーを使用

インプラントのメーカーは150~200あり、値段もクオリティーもかなり幅広く存在します。
この中で私達は、インプラントの発明メーカーであり、世界中で実績・信頼されている下記2社を使用しています。

  • ノーベル・バイオケア社

    Nobel Biocare

    ノーベル・バイオケア社は近代歯科インプラントシステムのパイオニアとして、スウェーデンに設立され現在はスイスに拠点を置く、グローバル・カンパニーです。
    社名は、ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルが設立した企業に由来しています。
    ノーベル・バイオケア社は、ブローネマルク博士が発見した骨と結合する近代歯科インプラントを世界で初めて製品展開した、インプラントシステムのパイオニアです。

  • ストローマン社

    Straumann

    ストローマン社はスイスのバーゼルに本社があり、現在では世界70か国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業です。
    50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、学術的に裏付けのある製品を提供しています。
    ストローマンインプラントは、埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されており、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持っています。

豊富な治療実績

インプラント治療は高度な技術と専門的な知識と技術が必要になります。
経験豊富な医師により、安全で確実なインプラント治療を⾏っている医院を選択することは、大切なポイントとなります。
山田兄弟歯科は、1980年後半からインプラント治療に取り組み、多くの症例を行い、豊富な治療実績があります。

2000年~2015年
約4000本

最新の設備

最新治療機器を備えたオペ室です。
オペ室写真

安全にインプラント治療を行うために、最新のCTを完備しています。

CT室写真
CT室写真

安心の10年保証

安心して治療頂くため、私達は10年間の保証サービスを提供しております。

10年保証が対応にならない場合もございます。
治療後のメンテナンスは経過年数に応じて費用の⼀部を負担いただきます

インプラント無料相談

Consulting

心斎橋山田兄弟歯科ではインプラント治療に関する無料相談を行っています。
インプラント治療を行う歯科医師が患者さま一人ひとりを検査、診断して最適な治療内容についてご説明します。
なお当院への通院歴の有無は問いません。

山田兄弟歯科には心斎橋、千里、学園前の3院がありますが、インプラント無料相談は心斎橋山田兄弟歯科のみで行っております。

インプラント無料相談の流れ

インプラント無料相談をご希望の患者さまは事前に心斎橋山田兄弟歯科に電話で無料相談の予約をお取りください。

場所:
心斎橋山田兄弟歯科
TEL:
06-6281-8555
日時:
月・火・木・金曜日
10:00~14:00、 15:30~17:00
無料相談日当日
持ち物:
保険証(または本⼈確認のできる運転免許証等)をお持ちください。
所要時間:
1時間程度
問診票:
問診票にご記入いただきます。
検査・診断内容:
デンタルパノラマX線写真、CT撮影(通常1万円が無料です)を実施の上診断します。
診断後:
診断結果を元に治療計画について説明、相談します。
(治療内容、治療期間、費用等)

その後の進め方

説明した内容での治療をご希望されましたら、改めて予約いただきインプラント治療を進めていくことになります。
当院では部分的な治療ではなく、お口全体の永続性を考えた治療を行っています。
次回の来院時は虫歯や歯周病等お口全体の検査を行い、インプラント治療も含めて優先順位をつけた治療計画を改めて説明します。
この場合の虫歯や歯周病の検査は健康保険適応の対象ですが、治療方法によっては健康保険適応対象外のものもありますので当日ご相談ください。

インプラント治療費

インプラント症例

  1. Case.1

    術前
    術前
    術後
    術後

    歯が折れて抜歯になった部分にインプラントで治療を行いました。
    人工物に見えないくらい自然に出来上がっています。

  2. Case.2

    術前
    術前
    術後
    術後

    写真で右上の前から二番目の歯が縦に割れてしまっていたので、インプラントにしました。
    このような神経のない歯は割れやすいので、隣の歯もオールセラミックで治療しています。
    右側のつめものもやりかえ、初めより清潔でキレイになりました。

  3. Case.3

    術前
    術前
    術後
    術後

    術前の写真で左側の前歯の歯ぐきが腫れていますが、ここは歯が割れていました。
    インプラントでお口の見た目も歯ぐきの健康も取り戻せています。

  4. Case.4

    術前
    術前
    術後
    術後

    前歯が重なって動揺していた為に審美的に気になっていました。
    インプラント治療を行い素敵な笑顔ができるようになりました。

  5. Case.5

    術前
    術前
    術後
    術後

    歯が失われている右上、左上、左下にインプラントをして噛めるようにしました。
    壊れてしまった上前歯のブリッジを、メタルセラミック冠で治療しました。

  6. Case.6

    術前
    術前
    術後
    術後

    上の前歯と右下の奥歯は重度の歯周病になっていたため抜歯となりました。
    左上の入れ歯の部分と右下の抜いた部分にはインプラント治療を行い、上の前歯から右上奥歯にはメタルセラミック冠による治療を行うことで入れ歯のない、見た目もキレイな歯にすることが出来ました。

  7. Case.7

    術前
    術前
    術後
    術後

    歯周病の治療を行い、保存の難しい歯を抜歯しました。
    右上奥歯はインプラント治療、上前歯と右下奥歯はポーセレンブリッジ治療をして、機能的、審美的な状態に回復させました。

  8. Case.8

    術前
    術前
    術後
    術後

    入れ歯がなかなかあわなくて困られていましたが、インプラント治療を行うことにより外れる心配が無くなり、何も気にせず食事ができるようになれます。

  9. Case.9

    術前
    術前
    術後
    術後

    歯周病により歯が動揺して食事がしにくかったですが、インプラント治療により何でも噛めるようになりました。

  10. Case.10

    術前
    術前
    術後
    術後

    入れ歯が直ぐに外れて困っていました。インプラント治療を行い、外れる事のない安心感と快適さを実感する事ができました。