ロイテリ菌

こんにちは、千里医院受付の河野です。
やっと残暑も落ち着き、過ごしやすくなってきましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、千里医院の入り口前に置いているこちらのブラックボード

当院に通院して下さっている方や医院の前を通り掛かる方は何度も目にして下さっていることと思いますし、
当院に通われていない方でも、TVや雑誌で取り上げられているのでご存知の方は多いのではないでしょうか。
ヒト由来の乳酸菌、ロイテリ菌。

上の画像にもあるように、
*虫歯菌・歯周病菌を減らす
*口臭の軽減
*整腸作用(生きたまま腸まで届く)
*アトピー性皮膚炎の軽減
*免疫力が上がり風邪を引きにくくなる
*花粉症やアレルギーの症状の緩和  …等、1日1錠を舐めるだけで様々な効果のある乳酸菌で、当院の患者様にも非常に人気があります。

私も実際に摂取しており、正直なところ虫歯菌がどれだけ減少しているかはまったく実感できないのですが(目では見えないので…)、朝起きた時の口のネバつきがなくなったことにはとても感動しました!
摂取して以降は風邪も全く引かず、口臭の軽減と整腸作用も実感できています(*’ω’*)

今まではこちらの

ロイテリ菌タブレットとガムを扱っていましたが、患者様からのご要望にお応えして、今月からお子様用も取り扱うことになりました☆

大人用は強めのミント味ですが、お子様用はイチゴ味で小さなお子様でも摂取しやすいですよ( *´艸`)
インターネットの口コミを見ても、「子どもの口臭がなくなった」「子どものお通じが良くなった」と高評価です。
そして、そろそろ風邪やインフルエンザも流行りだす季節です。
風邪を引きやすい方・インフルエンザに毎年かかってしまう方は、免疫力UPの為に一度試してみてはいかがでしょうか?
味見も兼ねて、お試し用もご用意しております♪

また、ロイテリ菌の液体タイプという物もあり、

新生児のお子様にもご利用いただけて赤ちゃんの夜泣きを抑えてくれるんです!
夜泣きがある・ないでは、アレルギー発症等その後の成長に大きく違いが出るそうで、小児科医でも広く採用されているサプリメントです
(詳しくはこちらhttp://www.childhealth.jp/badeffect.html)
液体タイプは現在のところ当院では置いておりませんが、お取り寄せは可能ですのでご希望がございましたら受付スタッフまでお申し付け下さい。

「今、症状が出ている所を治す」だけではなく「予防し、未来の健康を考える」ことが大切です。
当院ではロイテリ菌だけでなく、様々なデンタルケア用品を置いておりますので、通院されたことのない方も、「通ってみようかな?」と考えられている方も、
是非お気軽にお立ち寄り下さい♪

インプラントセミナー

学園前の中谷です!
 本日はストローマンのインプラントセミナーを受けてきました。
 インプラントした歯が長期的に口の中で機能するかはどこに、どういった設計でインプラントを入れるのかが重要になってきます。
インプラントの周りの骨の条件を整えたり、インプラントの周りの清掃性を考慮したり、インプラントの周りを守る歯茎を整えたりすることが、大切になってきます。
十分な基礎工事を行って建てた家は何十年と家として機能するのと同じように、インプラントの周りの環境がインプラントを守る上で重要になってきます。

これは歯にとっても同じで環境が悪い歯から、ダメになっていきます。
ダメになった歯を抜いた後、抜歯した部分を補う方法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類です。

ブリッジや入れ歯の治療は、抜歯した部分の負担を周囲の歯に求めるかたちで修復します。
これでは、もとの歯がダメになるほど条件が悪いのに加え、周囲の歯の負担が増してしまいます。

ブラッシング能力の向上や、食生活習慣の改善はどの治療を選ぶにしろ、根本的な原因を除去するため必要です。

しかし、口の中にかかる力の問題はインプラント以外の治療では、負担が大きくなるという現実があると思います。

費用的な面、治療期間、外科的な処置が必要等の条件が必要にはなりますが、ダメになった歯の負担はそ周囲の歯牙でなく、その部分に歯を作ることで元の状態により近く戻せるのではないかと思います。

大きく壊れてしまってから最終手段としてインプラント治療を行うのではなく、一本の歯が壊れたら、その部分はその場所を使って治す。
そして今後そうならない様にしっかりとメンテナンスしていくといった考え方をすることが、長期的に健康な口を保てるのではないでしょうか。

口呼吸

こんにちは。

歯科衛生士の徳永です。

10月に入り少しずつ寒くなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすく風邪を引きやすかったり、お口の中がよく乾燥したりしませんか?

それは口呼吸が原因かもしれません。

口呼吸をしていると、口や喉が乾燥しやすく唾液の分泌が悪くなり、歯や歯ぐきも乾燥し虫歯や歯肉炎のリスクが高くなります。

また、空気中には埃や細菌・ウイルス・花粉・排気ガスなど体に有害なものが含まれています。

鼻呼吸ではその大部分が鼻毛などで自然にろ過されますが、口呼吸では直接喉を通り肺に入っていき免疫機能の低下にも繋がります。

睡眠中だけでなく、日中もお口が開いていて口呼吸になっている時はありませんか?

お口を閉じる事を意識するだけでも予防に繋がりますので、一度確認してみましょう。

アソアライナーセミナー

学園前の中谷です。
2019年9月29日
 アソアライナーセミナーに参加してきました。
 アソアライナーとは何かというと、矯正用マウスピースの一つです。
 様々な種類があるマウスピース矯正ですが、アソアライナーはマウスピース矯正の分野で10年以上の実績を持っている日本で一番大きい矯正の会社であるアソインターナショナルの製品です。
 
いわゆる、ワイヤーの矯正とどう違うのかとは、
取り外しが可能かどうかと装着時の違和感が主になってくると思います。
取り外せることにより、食事のときは通常通り食事が可能です。
しかし、食後はブラッシングを行い、アライナー装着が必要になります。基本的に、食事の時以外は装着が必要です。
ワイヤー矯正と比較し掃除のしやすさは普段と変わりません。
 
装着時の違和感は、アライナーの違和感が少ないとは思いませんが、
ワイヤーが口の中にあるほうが、粘膜への刺激は強いと考えられます。
 
 歯が動くことで生じる違和感や痛みはどちらも多少あると思います。

適応症については、マウスピース矯正はワイヤー矯正に比較してできる人が限られているといえます。
歯列矯正することを考えたときに、マウスピース矯正とワイヤー矯正がどちらでもできる人とワイヤ―矯正でしか対応の難しいものに分かれます。または、抜歯しワイヤー矯正が必要なもの。歯並びだけの問題でなく、顎の位置的問題から改善が必要であれば外科的な処置が必要になる場合もあります。

もし、矯正について興味があればご相談いただければ幸いです。
自分の歯やかみ合わせを守るには、まず自分の歯に興味を向けることが予防の第一歩つながれば良いなと思い日々診療しています。 

#矯正女子#カラーモジュール

こんにちは!千里の住吉です。

少し涼しくなり過ごしやすい気温になってきましたね。
季節の変わり目ですので体調に気を付けて下さい!

話が変わりますが、
私は今、歯列矯正をしています。
まだ初めて4ヵ月目になるのですが綺麗に歯が並んできました!
私がしているのはセラミックブラケット矯正です。
カラーゴムを装着しておりこれをカラーモジュールといいます。
海外では主流ですが日本ではあまり浸透されていません。
カラーゴムだとコーヒーなどの着色が気にならず1ヵ月過ごせます!!
見た目も可愛いですし毎月違う色をつけて楽しむ事もできます。
お子様にも大人の方にも楽しんで頂けると思います。

私は、上はカラーゴム・下は透明のゴムを装着しています。
※カラーゴムの問い合わせはスタッフまでに!

ビフォー(6月)

アフター(9月現在)

どうでしょうか?!
4ヵ月で大分綺麗に並んだと思います!
私自身、口元がコンプレックスで笑っている写真が少なかったのですが
矯正を初めてから歯を出して笑う写真が増えました!

口元の印象でお顔の印象も変わりますし、
歯のお掃除もしやすくなります。
歯並びが悪いとお掃除がしにくく歯ブラシが届きにくかったり物が
詰まりやすく虫歯ができやすくなってしまいます。
歯の健康を維持するためにも
歯列矯正をおすすめ致します!!!

当院では小児、成人矯正を無料相談しておりますのでぜひ気軽にスタッフにお申しつけ下さい!!