噛む大切さ

本記事作成者

豊中市千里山田兄弟歯科

歯科衛生士 下田 美穂

こんにちは(❁´◡`❁)

G.Wも終わってしまいましたね〜

みなさん、どのように過ごされていましたか?😀

お休みだった人は今日からまたお仕事頑張って参りましょう!!

今日は「噛む」事についてお話をさせて頂きたいと思います。

私達は1回の食事でどのくらい咀嚼(=噛む)しているかご存知ですか?

1回の食事で620回の咀嚼だそうです。弥生時代では、なんと食事に51分かけて約4000回も咀嚼していたそうですよ!

忙しくなった現代では、食事の時間を惜しんで噛む時間が減り柔らかい食品が主流となり弥生時代に比べ現在の咀嚼回数はわずか1/6になってしまいました。

たくさん咀嚼すると・・・

●よく噛む事で満腹中枢が刺激され食べ過ぎ防止になる。

●ゆっくり味わう事により、味覚の発達を促す。

●口の周辺筋肉を使う事によって、言葉の発生や表情が豊かになる。

●脳の血流が増え記憶や学習能力の向上につながる。

●歯茎が刺激されて血行がよくなる。また唾液も分泌も促進される為、洗浄され歯周病や、虫歯口臭の予防にも効果的。

●唾液中にあるペルオキシダーゼという酵素が癌の発生を抑える。

●消化を助け食べ過ぎを抑え胃腸の働きを活発にする。

沢山、咀嚼するといい事ばかりですね!!(●’◡’●)

咀嚼の回数を増やすコツは…

〇食材を大きめ、厚めに切る。

〇歯ごたえのある食材を使う。

〇飲み物で流し込まない。

〇急いで食べない

〇ひと口の量を減らす

いつまでも美味しく食べられるようにお口の定期健診がとても大切です。症状がなくても問題がある事もあります。何かあってからではなく、トラブルが起きないように食事を楽しめるようにまた、自分の身体の健康を守るために定期健診にぜひお越し下さいね╰(*°▽°*)╯

お待ちしております😀


力による影響

こんにちは

千里 歯科衛生士の谷口です。

まだ寒い日もありますが、少しずつ春らしい暖かい日が増えて来ましたね♪

先日、歯科衛生士を対象としたセミナーを受講してきました。

テーマは『力』⁽歯ぎしり・食いしばり⁾についてでした。

歯を失う原因には、虫歯や歯周病、そして『力』によるものがあります。

また、歯ぎしりや食いしばりにも種類があります。

①グライディング

上下の歯をギシギシとこすり合わせるタイプ

②クレンチング(音がしないタイプ)

無意識に歯を強く噛み締めたり、食いしばるタイプ

③タッピング

歯をカチカチとすばやく合わせるタイプ





これらは日中、起きている時(意識のある時)にも見られますが就寝時(無意識の時)により大きな力が加わります。


歯軋りや食いしばりが原因で、代表的なものといえば顎関症がありますが、そのほかにも知覚過敏や歯周病、歯が割れる、さらには歯にヒビが入りその隙間に菌が入り込むことで虫歯にもなります。


これらの事を予防するために、就寝時のマウスピースや、筋肉の力を弱めるボトックス注射も行っております。

虫歯や歯周病の予防と共に、力に対する予防を行っていくことで生涯大切な歯を守っていきましょう。何か分からないことがあればお気軽にご相談くださいね。

歯周病は要注意! 妊娠中に起きるお口の中の変化

妊娠中は口腔内の環境が崩れやすいことはご存知でしたでしょうか。


[ 妊娠中、口の中で起こること ]

・妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、歯周病原性細菌が増殖しやすくなります。

・血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まって口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

・「つわり」による食嗜好の変化や歯みがきの困難、胎児の発育による食事回数の増加による、口腔ケアが不足しがちになり、口腔環境が悪化してむし歯や歯周疾患のリスクは高くなります。


次に、[ 歯周病と低体重児早産の関係 ] です。

近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。これは歯周病による炎症が血流を介して全身に波及するために起こるとされていますが、なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産のリスクが高くなることが指摘されています。 

引用:日本臨床歯周病学会 https://www.jacp.net/perio/effect/

そのリスクは実に7倍にものぼるといわれ、驚くことにタバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字です。

歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です!

私も妊娠中、悪阻がひどく口腔ケアが難しいことを当方の歯科衛生士に相談したところ、洗口液ですすぐことを勧めてくれました。食べる回数が多くなってしまう妊娠中ですが少しのケアが大きな違いにつながります!

それぞれの方に合わせたアドバイスを致しますので、体調の良い時に検診にいらして下さい。

本記事作成者
本部
ブリュイヤン

抜歯の前に外科的歯内療法

こんばんは。

先日、3年前まで在籍していた大阪大学歯学部附属病院のクラウンブリッジ補綴学分野の医局員の先生方(大半が大学院生)に、僭越ながら『外科的歯内療法(歯根端切除手術、再植、移植)の補綴的判断基準』という演題で簡単な講義をさせて頂きました。

大学院生の時以来、久々に大学で人前で話をしたので、さすがに緊張しました💦が、みなさん診療終わりでお疲れの中、熱心に聞いておられました。

外科的歯内療法とは、根管治療では治らなかった病変に対して、なんとか抜歯を回避するための最終手段です。

虫歯が酷くなり歯の神経まで細菌が侵入してしまうと、根管治療が必要となります。

これがさらに酷くなり歯の根っこの先に膿が溜まり、根管治療でも治癒しなかった場合、外科的歯内療法の適応となります。

残念ながら抜歯となり歯を失ってしまった際にはインプラント治療はとても良い治療ですが、病変が治らず抜歯になる前に、一度考え直してみても良いかもしれません。

リスク、副作用:術後に歯根吸収が起こる場合もあります。

実際の症例等はインスタグラムにアップしておりますので、ご興味がありましたらご覧になって下さい。(一部手術中の写真がありますので、血が苦手な方はご遠慮下さい💦)

本記事作成者

奈良市 学園前山田兄弟歯科

歯科医師 山本


歯医者さんからのチョコレート

こんにちは☃いきなりですが、もう少しでバレンタインデーですね♡周りもチョコレートが沢山売っているので、ついつい買いたくなってしまいますね☺

そんなチョコレート含め甘いお菓子などは、虫歯菌が好む砂糖が多く含まれているので、虫歯になりやすくなってしまいます

でも、やっぱり甘い物食べたい!チョコレート大好き!という方に今回オススメしたいのが、『リカルチョコレート』というものです。

これは、砂糖を一切使用しておらず、甘味料にキシリトール100%使用したチョコレートです🍫

砂糖を使ってないのに、本当においしいチョコレートなの?と思う方もいらっしゃるかと思います。私も、初めはそう思っていました。けど食べてみると、市販のものと変わらない美味しいチョコレートで、すごくびっくりしました!

この商品を開発する時に、「チョコレートの味」と「食べ応え」を意識して作られたそうです。

キシリトールは、虫歯予防としてもよく知られています。なので、小さいお子様のおやつとして、自分用のちょっとしたご褒美のチョコレートとして、ぜひ歯科医院専用の『リカルチョコレート』をお手に取ってみて下さい♪

本記事作成者

豊中市千里山田兄弟歯科

歯科助手 瀬川