graf服部滋樹さんとトークショーを開催しました

IMG_1844

5月17日 ティーセミナーが終わってから、待合のレイアウトを大急ぎで変更してトークショーを行いました。

心斎橋山田兄弟歯科を設計してもらったgraf服部滋樹代表にお越しいただき、「新しい歯医者さんをめざして」ということで、山田正人理事長といろいろなお話をしてもらいました。

この診療所を作るときに工夫したこと、苦労したことなどのお話しのほかに、作り上げていくプロセスについてのお話をしてもらいました。
デザインするときには「20%の余白」を意識しています、という服部さんの言葉が印象的でした。

IMG_1851

確かにこの診療所の待合は、変化できる「余白」を含んでいます。
普段は待合として、時にはワークショップをしながら、カフェのように使ったり、トークショーまでも出来ました。
それはただ広い空間だから可能だというわけではないと思います。
がらんとした空間ではなく、普段の待合としても十分存在感があります。
使う人たちと共に変化していく空間を作って行きたい、というのはこういうことなのかなあと思いました。
私たちも患者さんと一緒に成長し、変化して行きたいと願っています。

いろいろな方のご協力の下、1周年記念のイベントが無事終わりました。
uffu大西さん、graf服部さんをはじめ、机やマイクを貸してくださったkavo大阪のみなさん、トミヤのみなさん、特製のベンチを貸してくださったgrafさん、お手製のケーキを焼いてきてくださった患者さん、差し入れをして下さった業者の方々。チラシをおかせてくださったお店の方々。たくさんの方に支えられていることを実感した一日でした。
2年目に向かってがんばっていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

IMG_1915IMG_1807

クリニックのご案内