人生初の発表

こんにちは。学園前 歯科医師の橋本 正隆です。

先日の1月29日、筒井塾の咬合療法研究会の関西支部会という勉強会にて症例発表をしてまいりました。

我々歯科医師という職業は、目の前の患者さんを診るだけが仕事ではなく、日々進歩する医療に対して日々勉強していかなくてはならないと思います。

そんな中、僕は仕事とは別に『筒井塾 咬合療法研究会』というスタディーグループで勉強させていただいてます。

色々な縁あって大勢の人の前で発表するに至ったのですが、それまでがそれはそれは大変で…。

慣れないパソコンで慣れないパワーポイントを使い、スライドを作ろうにもすぐ寝てしまい中々前に進まなかったり、先輩の先生方に見てもらうため夜な夜な神戸まで行き発表の練習をしたりと、1月は体を酷使する毎日でした。

その甲斐あって当日の症例発表ではなかなかの盛況ぶりでした(笑)
RIMG0212

RIMG0211

RIMG0209

周りの先生方に「発表良かったで」と褒められるのはうれしかったのですが、なにより、今回の発表を通じて色々と勉強になりました。

自分の日々の臨床が再確認できたこと、人が聞きやすいプレゼンテーションの難しさ、そして、毎晩遅くまでアドバイスをしてくれ、練習に付き合ってくれた先輩の先生方や仲間がいることの素晴らしさを実感できたことが、発表して本当に良かったと思いました。
RIMG0214

今後、歯科医師として色々な経験をすると思いますが、それらすべてを余すことなく吸収して な歯科医師に近づこうと思います。

お世話になった方々、本当にありがとうございました。
RIMG0223

クリニックのご案内