繰り返すむし歯に生活習慣から見直す。

こんにちは!学園前の中谷です。

寒くなってくるといつもより口がさみしく感じられ、何かたべようかな?と考えてしまいます。

歯磨きが下手だとむし歯になる。あながち間違いではありません。

歯磨きをしないとむし歯になる。これも正しいと言えます。

そもそも、むし歯とは砂糖を栄養源に繁殖する菌です。

それは口の中に住んでおり、歯がある限り存在し続けます。

むし歯菌は自分達が口からとった栄養源(砂糖や甘いものだけでなく、ごはんや缶コーヒー等)を食べ、酸を放出します。

むし歯菌は口の中に栄養源がある限り、酸を出し続けます。

つまり、食事をしている間は歯は溶け続けているということです。

また、口の中に留まりやすいべたべたした甘いもの。

つまりキャラメルやチョコレート等はむし歯になりやすい食べ物の一つだと言えます。

口の中から栄養源がなくなってから、唾液の力でお口の中の酸を中性に戻していきます。

それにかかる時間は30分程度と言われています。

そのため、唾液の少ない方はむし歯になりやすいと言えます。

お口の中に食べ物が残っていると、むし歯菌が酸を出し続ける為、歯磨きが下手な方はむし歯になりやすいと言えます。

また、ブラシの先が当たっていない部分にむし歯菌は繁殖するの為、歯と歯の間、奥歯や前歯の溝、歯ぐきのきわの部分にはむし歯ができやすいと言えます。

しかし、歯磨きの上手い、下手よりももっと重要なことはだらだら食べ続けることにあります。

ちょっとしたつまみ食いを長時間続けたり、砂糖が含まれている飲み物等を長時間かけて少しずつ飲んだりすることで、お口の中が酸性になっている時間が増えるとその分急速にむし歯ができ進行していきます。

歯は、削ると元には再生せず、代替えの材料に置き換えることで修復を行います。

自分が生まれ持った歯は再生のしない組織であり、美味しく物を食べる最良の道具であると思います。

長期間受診をされていない方はむし歯になっていないか検査することをおすすめします。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お身体をご自愛ください。