インプラント治療について

こんにちは、千里医院の中津です。

肌寒い日が続きますが、みなさまどのようにお過ごしでしょうか。

私は先日インプラントのセミナーへ参加をして参りました。

新しいインプラントの種類や方法を学んできました。

インプラントといえばみなさまどのようなイメージをお持ちでしょうか??

手術が必要で怖いイメージや費用が高くつくイメージをお持ちのことと思います。

確かに外科的な手術は必要になりますし、他のセラミック等の自費治療に比べて高額にはなりますが、失った歯を取り戻すための手段としましてはとても快適で有用な処置になります。

例えば失った歯を入れ歯で補った場合、噛むたびにどうしても動いてしまったり、衛生面を保つために毎回外して洗わないといけなかったり、金具が見える等の見た目の問題もあります。

←こちらが一本の歯を失った場合の入れ歯になります。

 

 

また両側の歯を削って橋渡しのようにして失った歯を補う、ブリッジでの修復をした場合は、大切な両側の歯を犠牲にしてしまうことになります。噛み合わせの負担も両側の歯にかかってきます。

 

←こちらが1本の歯を失った場合に両側の歯を削ってかぶせ物で修復するブリッジという処置です。

 

 

インプラントの治療の場合は、これらのデメリットはなく、快適に使える新しい歯が入ります。

 

 

 

 

しかし、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。

ですので、ご自身でのセルフケアはもちろん、歯科医院での定期的なメインテナンスを受けて頂くことが重要になってきます。

ご自身の歯で噛めることが大切ではありますが、万が一歯を失ってしまった場合にはインプラント治療を検討されてみてはいかかでしょうか。

なにかわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。