口腔ケアでインフルエンザを予防しましょう

毎年、冬になるとインフルエンザの流行シーズンを迎えますが、今年は新型コロナウイルスによる肺炎が流行し混乱していますね

インフルエンザは、小児や高齢者、免疫低下した患者さんにとっては命の危機もある感染症です。

咳やくしゃみなどの飛沫を吸い込んだり、ウイルスが付着したものに触れたりすることで感染しますので、手洗いうがいやマスク着用をして予防することは皆さんすでにされていると思いますが、近年インフルエンザを予防する上で歯磨きや口腔ケアをすることも重要だという研究結果が示され、注目されています。

実際、歯科衛生士による口腔ケアを受けた人のインフルエンザ発症率が、本人や介護者だけから口腔ケアを受けた人の10分の1になったと報告があります。

虫歯や歯周病の原因となる菌が増殖してプラークになります。このプラークには肺炎や気管支炎など発症や重症化させる菌や、重篤な感染症の原因となる菌も含まれていると見られていますので、正しい歯みがきや口腔ケアでプラークを除去できれば、予防につながると考えられます。

寒いと歯みがきがいつもより丁寧にできなかったり、歯医者へ行くのが後回しになってしまうと思いますが、インフルエンザなどの感染症予防にもぜひ歯科衛生士での口腔ケアを受けて頂ければと思います

 

学園前山田兄弟歯科 有持