お口の乾燥を防ごう

こんにちは。千里 歯科衛生士の生間です。

3月も終わりが近づいてきて、もうすぐ4月ですね4月と言えば、桜が綺麗に咲く時期ですが、春の花粉症の方、多いのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症のお薬を飲んでいる方もいらっしゃると思いますが、実はそのお薬の中には、お口を乾燥させる副作用があるんです
お口の乾燥は歯周病や口腔感染症、ムシ歯のような多くの問題を引き起こすことがあります。ムシ歯のリスクは最大3倍にまで高まります。また話しにくくなったり、噛むのが大変になったり、口臭の原因や、食べ物の味が変わったと感じるようになったりすることもあります。

だ液の役割
• 口内を潤し、快適に保つ
• 食べ物の消化を助ける
• ムシ歯から歯を守る
• 細菌の繁殖を抑えて、感染症を防ぐ

また、お水で乾燥を防ぐ方も多いと思いますが、
水だけでは不十分
水を飲むことで、口内のネバつきや乾燥が和らぎます。しかし、水には潤いを保つ成分は入っていないので、不快感が緩和された状態は長続きしません。このため、常に水を飲み、水分を取りすぎた状態になり、トイレに何回も行くことになってしまいます。

普段からお口の乾燥が気になる方、お薬の副作用でお口が乾燥すると感じる方にオススメなのが、「バイオティーン」です

 

 

 

 

 

 

マウスウォッシュタイプとジェルタイプがあります。

[マウスウォッシュ]優しいミント味でとろみのある洗口剤です。1日3〜5回がおすすめです。
[ジェル]キシリトール(甘味料)が入っており、少し甘めです。1日に何度でもお使いいただけます。小さいので持ち運びに便利です🙂

また、どちらもノンアルコールなので刺激が苦手な方でもお使いいただけます。

新しい季節が始まる前に是非、定期検診に来ていただき、バイオティーンを使って、爽やかな春を過ごしましょう🌸