前歯の詰め物のやり替え(ダイレクトボンディング)

皆さん、こんにちは。

千里医院歯科医師の室野です。

今日は私が得意とする治療の一つをご紹介したいと思います。

患者さんは右上の1番前の歯の詰め物(画像上では上の歯の真ん中向かって左側)
の変色が気になってキレイにしたいとのことで来院されました。

 

この機会に他の歯も白くしたいとのことでしたので

ホワイトニングを行い色が落ち着いてから
やりかえることとしました。

 

 


ホワイトニング後

古い詰め物を取り除いた後です。

 

詰め終わった後。

 

拡大写真です。

この処置はマイクロスコープと言われる顕微鏡を用いて処置を行いました。
ダイレクトボンディングなどと呼ばれる処置です。

いわゆる審美治療と言われる「見た目」の改善を目的とした治療のため
健康保険の治療の対象とはなりません。

また、材質はレジンと呼ばれるプラスチックの一種で
耐摩耗性や変色のしにくさはセラミックには劣ります。
その代わりに歯を削る量が少なくて済むのが利点です。

歯の状態によって適応可能なケースとそうでないものがありますので
気になる方はご相談下さい。

クリニックのご案内