顎関節症 私の経験談

皆さんこんにちは☺️

ウェルネスデンタルクリニックの李です

今回は私の顎関節症の経験のお話しをしたいと思います

その前に顎関節症の説明をさせていただきますね

顎関節症とは、口を開けようとすると顎が痛い・音がする、口が開かない、といった症状のことです

顎関節症の治療方法はいくつかありますが、主流はマウスピース(スプリント療法)を装着することです(下記参考資料)

マウスピースを装着することで、歯の磨耗を防いだり、顎の関節や筋肉の負担をやわらげることができます

私はかれこれこのマウスピースを20年以上使用しています(その間何回か作り替えています)

きっかけは、口が開きにくくなったことでした

指二本分開くか開かないかくらいで、無理に開けると顎がカクっとして痛い!

家の近くの歯科医院に行き(まだ山田兄弟歯科に勤める前でした)、人生初のマウスピースをすることになりました

その時の私の心情はというと…「何これマウスピースなんてきいたことないんですけど」「違和感めっちゃあるんですけど」「てゆーか、治る気しないんですけど!」でした(当時の先生ごめんなさい🙇💦)

そんなモチベーションだったからか、一向に良くならず、大学病院に紹介され、そこで診察を受けたこともあります

そんなこんなの中、今の山田兄弟歯科に勤めることになり、再度マウスピースを作製してもらうことになりました

そして、徐々に顎の痛みも改善し、口も開けられるようになりました✨

症状が全くゼロになったわけではないのですが、日常生活では支障なく過ごせるようになりました

今振り返ると、最初改善しなかったのは、マウスピースの出来具合など病院によって差があったのかも知れませんが、私の気持ちの差が一番大きかったのかなーと思っています

最初の歯科医院では、

初めてマウスピースを知って戸惑った

装着する前から気持ちが拒否していた

先生を信頼していなかった

そんな気持ちから、実は毎日きちんと装着していませんでした

治療に取り組む気持ちが弱かったと言うか、先生まかせだったのだと思います

治療は先生だけでなく、患者さんの協力も不可欠です

今回の私の場合は、毎日装着していなかった、違和感があるのにちゃんと先生に伝えなかった、なども症状が改善されなかった理由のひとつだと思っています

顎関節症は、完全に治ることは難しく、改善したり症状が強くなったりを繰り返すこともあります

またストレスも原因の1つだと言われています

完治を目指すのではなく、症状が緩やかになることでOK、とする気持ちも、ストレスにしないコツだと思います

私はマウスピースは自分の歯や顎を守ってくれる、お守りみたいなものだと思って使っています✨

マウスピースは顎関節症だけではなく、歯の磨耗からも守ってくれますので、当院では、症状のない方にも、予防の観点から患者さん皆さんにおすすめしています

ご興味のある方は、お気軽に先生やスタッフにお尋ねください☺️

クリニックのご案内