体を温めると・・・!?

みなさん、こんにちは!
千里山田兄弟歯科 歯科医師の柳です。
最近、朝晩がめっきり寒くなってきましたね!
みなさん、風邪などひいてませんでしょうか?
わたしは幼い頃からお風呂が大好きで
近所のスーパー銭湯によく行ってます😄!
寒い冬にあったかいお風呂に入って
ゆっくりするって気持ちいいですよね☺️
 
体を温めると”健康に良さそう”とか”疲れが取れそう”
といったイメージがあると思います。
実は、体を温めると、お口にとっても良いことが
いっぱいあるんです!
体が温まると、副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位の状態とは
体がリラックスモードの状態で、
サラサラの唾液(つば)がたくさん出るんです!
逆に、交感神経が優位(体は緊張モード)になると
ネバネバの唾液が少量しか出ません。
つまり、体を温めることで唾液量が増えます😄!
 
唾液には、細菌の増殖を抑える抗菌作用や
口腔内の自浄作用があるので
唾液が増えると口の中がキレイになりやすいのです。
また、お口の中の細菌が作った酸によって
歯の表面の成分は溶けてしまうのですが、
唾液の再石灰化作用によって歯の表面に新しく
ミネラルが補給され、歯を元通りにしてくれるんです!
また、お口の中が乾いてしまうと口臭の原因にもなるので、
唾液が増えると口臭になりにくくもなりますね!
唾液はこんなにもさまざまな働きを
してくれているんです😊!
さらに唾液量を増やすには、ガムを噛むことも効果的です!

当院では100%のキシリトールガムを販売しております!

ぜひ一度試してみてください😄
みなさんも、この冬は体を温めて
免疫力アップに加えて唾液量もアップさせて
みませんか😄?

 

クリニックのご案内