歯ぎしり、くいしばりに注意

こんにちは、歯科医師の中津です。

今年も3月になりましたがまだまだ寒い日が続きます。

この冬、冷たい水でうがいをすると歯がしみることがありませんでしたか?

しみる原因はさまざまありますが、よくあるのが知覚過敏です。

知覚過敏はひどくなってくると瞬間的に、鋭い痛みを感じることもあります。

診療していると、しみる症状に悩まされている方が最近多いように思います。

知覚過敏の原因は、歯ぎしり、くいしばりが大きな原因だと言われています。

噛み合わせの悪さやストレス等により、就寝中自覚せずとも歯ぎしり、くいしばり

をしている方が多く、これが原因で歯がしみたり、痛みがでるとは想像つかない方

も多いと思います。

しかし、人が歯ぎしりをした時にかかる圧力は個人差がありますが、60~80キ

ロといわれています。(普段の食事時は10キロくらいです。)

いかに強い力がかかっているかがわかりますね。

しかも、歯ぎしりは就寝中におこることが多いので無意識の間で何時間も続くこと

もあります。

これだけの強い力で何時間も圧力がかかっているのですから歯が割れてしまった

り、顎の関節を痛めてしまう場合もあります。

もちろん歯ぎしり、くいしばりをしていても困った症状が出ない方もおられます。

しかし、軽く見ているとしっぺ返しをくらう可能性もありますので、気になる方は

どうぞご相談ください。

 

クリニックのご案内