iTero element 5D

こんにちは!千里Drの本田です。

今日は2020年の秋に山田兄弟歯科3院にやってきた最新鋭の口腔内3Dスキャナー、iTeroエレメント5Dを紹介させていただきたいと思います。

口腔内3Dスキャナーといいますと、簡単に言うとお口の中をフラッシュを焚きながらいろんな角度から大量の写真を撮ってコンピューターで3D合成してくれる機械です。

iTeroエレメント5Dを使ってお口の中をスキャンすると、

3Dデジタル印象、口腔内カラー写真、近赤外光画像(NIRI

3つの情報が同時に記録できます。

従来の方法で上記3つのような情報を記録するためには、型取り、写真撮影、レントゲン撮影、を行う必要があるのですが、アイテロを使えばものの5分〜10分ぐらいで歯のフルカラー3Dモデルが画面上に現れるのです。未来感ありませんか?!

フルカラーの3Dモデルでは、磨き残しや歯石などを含めた歯の表面の情報をあらゆる方向から確認できます。

鏡を使っても自分では見にくい奥の歯や前歯の裏も、画面上でクルクル動かしながら細かく見ていただくことができますので、今後のお手入れの参考になればと思います。

NIRIというのは、従来のレントゲン撮影と違って放射線を全く使わずに歯を透視する技術です。

NIRIの画像の中で健全なエナメル質(歯の一番外側の硬い層)は近赤外線を透過し黒く見えるのですが、虫歯がある部分では近赤外線の透過を阻害して白く写るので、肉眼で見てもわからないような歯と歯の間の虫歯を見つけることができます。

NIRIによる虫歯チェックは妊娠中などでレントゲン撮影を控えたいと思われる方にも安心して受けていただける検査です。

そして私が最もスゴイ思ったアイテロの機能がこちら、アウトカム・シミュレーター!

話題の前歯部マウスピース矯正、「インビザラインGO」の治療結果のシミュレーションをAIが作成し、すぐにその場で見ていただくことができる機能です。

今まではマウスピース矯正のシミュレーションをするためには、型取りをして石膏模型にしたものを企業に送って、企業のほうでデータ化してからシミュレーションを作ってもらっていたので数日の期間を要し、費用もかかっていたのですが、

アウトカム・シミュレーターではアイテロで口腔内スキャンを行ってすぐ、画面上で矯正前後のシミュレーション画像を確認できるのです。

私も初めて見た時は、技術革新もここまできたかーー!!と思いました。笑

AIが作成するシミュレーションを見ていただくだけなら保険診療分以外の費用はかかりませんので、もし矯正してみたらどんな感じになるのかな?といった気軽な気持ちで一度試してみていただけたらと思います。

ただいま千里山田兄弟歯科ではiTero エレメント5Dの体験キャンペーンを行っております。ご興味のある方はお気軽にスタッフにお問い合わせください。

当院では徹底した滅菌体制と全室個室で対応しています。カウンセリングにも十分な時間をとりしっかりご理解ご納得いただいた上で治療を進めておりますので、ご相談・気になることがありましたら何なりとおっしゃって下さい。

豊中市で歯医者をお探しの方はこちら

奈良市で歯医者をお探しの方はこちら

クリニックのご案内