酸蝕(さんしょく)ってなあに?

こんにちは😊

千里歯科衛生士の藤井美喜子です。

皆さん歯のトラブルは虫歯とすぐ思いつきますね!

虫歯菌が原因で歯が溶けてしまう・・・経験されたことが多いと思いますが、虫歯以外に歯が溶けることがあるのをご存じですか?

酸性の食品や飲料でも歯が溶けることがありますそれを「酸蝕」と言います🙄

日常よく食べる物 飲む物で例えば・・・ 

食品では果物、ヨーグルト、酢の物、ドレッシング類、食酢 他

飲料ではワインやビールなどのアルコール類、清涼飲料水、健康飲料類 炭酸水

いずれも酸性(=pH)が低く 摂取すると歯が溶けやすくなります‼

これらはあまり多く長く摂ることはお勧めしません。

以前私は担当した患者さんの歯を見ると一部の歯のエナメル質(白い歯の表面)があまりにも溶けていたのでお聞きすると‘カリフォルニアの友人から大量のグレープフルーツが送られてくるので毎日たくさん食べている‘とのことでした。

また他の担当患者さんで歯石をとった後、歯を触ると普通はツルツルとしてるはずなのになぜかザラザラしている方に摂取食品飲料をお聞きすると

‘炭酸水を水だから安心して多量に飲んでいる‘

ということがわかりました。すぐ摂取制限して予防指導後次の来院では歯のザラザラは改善していました😄

何気なく毎日摂っている食品や熱中症対策の飲料や水には注意が必要ですね❕

気になる方は担当衛生士に相談後アドバイスを受けてみてください💘

                       

クリニックのご案内