寒い日に起こる歯の痛み

こんにちは⭐️ 千里衛生士 谷口です。

寒さが徐々にきびしくなってきましたね。
そんな寒い日に歯が痛くなることはありませんか?


冷たい空気や風、冷たい水でお口をゆすいだときに「ピリッ」っと電気が走るようにしみて痛い。
それは「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏とは、歯の表面にあるエナメル質が削られ、象牙質が露出してしまうことで発症します。


知覚過敏の原因としては、①過度なブラッシング圧②歯周病で歯茎が下がっている③歯ぎしりや咬み合わせ④酸味の強い食品の摂りすぎなどがあげられます。

冬は空気や風が冷えることで痛みを感じやすくなったり、寒さに耐えるため無意識に食いしばることで知覚過敏を発症しやすくなります。


知覚過敏への対応としては、歯科医院で象牙質を薬でコーティングをすること、就寝時の歯ぎしりを防ぐためにマウスピースを装着すること、知覚過敏専用の歯磨き粉を使用する事が挙げられます。


当院でも知覚過敏専用の歯磨き粉、メルサージュヒスケアを置いています。

メルサージュヒスケアは、知覚過敏症状を防ぐのに有効な硝酸カリウムと乳酸アルミニウムを配合しています。また、 虫歯予防に効果的なフッ化ナトリウムも1,450ppm配合。 さらに着色性の汚れをしっかり除去するので、ホワイトニング前後のケアにも最適です。 香味はグレープフルーツミントとソフトミントの2種類からお選びいただけます。 知覚過敏に悩まれている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

しかし寒い日に歯が痛んだからといって、全てが知覚過敏とは限りません。虫歯や歯周病の問題がないか、定期的に歯医者でチェックをするようにしましょう♪

クリニックのご案内