ドクターブックアカデミーケースレポートグランプリ2021

こんにちは。

学園前副院長の山本です。

この度、ドクターブックアカデミーという歯科専門サイトが主催する、ドクターブックアカデミーケースレポートグランプリ2021にエントリーさせて頂きました。

このケースレポートグランプリというものは、歯科医師免許を持つ卒後15年以内のドクターにのみ参加資格があり、若手ドクターの治療技術を競う大会となっています。

歯科には様々な治療の分野があり、今回のグランプリでは、歯内療法(歯の神経の治療)、保存修復(歯の詰め物や被せ物の治療)、ペリオ(歯周病の治療)・インプラント、全顎的治療(矯正治療や被せ物やインプラントなどの治療を複合的に用いたお口の中全体の治療)という4つの分野に分かれていて、それぞれのジャンルで症例の素晴らしさを競い合います。

僕自身は大学病院に勤務していた頃は補綴科という科に所属しており、補綴(被せ物やインプラントの治療)に関する治療によく携わっておりましたので、個人的に苦手な『歯内療法』と『ペリオ』のジャンルにあえてチャレンジする事にしました。

結果は、『歯内療法』の分野では2位で優秀発表賞を受賞する事が出来、『ペリオ・インプラント』の分野では1位で最優秀発表賞を受賞する事が出来ました!!

優秀発表賞では賞状を、最優秀発表賞では賞状とトロフィーをドクターブックアカデミー様から頂きました🏆

せっかくなので、普段からお世話になっている学園前ドクター達と一緒に記念の写真撮影をしました📸

このような素晴らしい賞を受賞出来たのは、山田理事長はじめ、学園前医院スタッフの日頃のサポートのおかげだと思います。そして、何より当院の治療を信じて通って頂いている患者様のおかげだと痛感しております。

今後も、当院を選んで通って頂いている患者様に対して、より良い治療を提供できるように研鑽を積んでいきたいと考えております。

もし宜しければ、こちらのインスグラムアカウントに症例の一部を公開していますので、良かったらご覧頂けますと幸いです。

クリニックのご案内