歯を抜きたくないあなたに歯科医師が伝えたい大事なこと

こんにちは 千里医院 歯科医師の室野です。

このブログをお読みの方で歯を抜かれるのが好きだ、楽しいという方は
まあまずいらっしゃらないかと思います。
この記事にも歯を何とか抜かずにすむ方法がないものかといらっしゃったかもしれません。

歯科医師ももちろん患者さんの歯を抜きたくなどありません。
患者さんの「歯を抜きたくない」というお気持ちはもちろん分かっています。

しかしそれでも歯科医師は「歯を抜きましょう」と言うことがあります。
私たち歯科医師はなぜ歯を抜くのか。
それはその歯を無理に残しておくことで将来的に他の歯、組織へ悪影響がもたらされ
先々に、よりたくさんの歯を失うことになると判断しているからです。

例として抜歯すべきパターンにあげられるのは斜めに埋まった親知らず。
これは放置すると手前の歯との間に虫歯が進行し
最悪の場合は親知らずだけではなく手前の歯まで巻き込まれ
2本とも抜歯となってしまうことすらあります。
そのため早めに抜いて手前の歯を守るべきと考え抜歯をすすめているのです。

しかしそのような状況の親知らずの抜歯は技術的にも難しく
また大きな神経や血管が近くを通っているためリスクも高いです。
処置による侵襲も大きく、術後の腫れや痛みも強く出る傾向にあります。

そのため嫌がられることは分かっていても患者さんのために抜歯を提案し
必死に難しい抜歯を成功させたとしても患者さんからは
「あそこの先生はすぐ歯を抜きたがるし、抜かれたら痛いし腫れる。
きっと腕が悪いんだ。」
下手をすれば「金儲けのために歯を抜きたがっているに違いない。」
などと言われるようなことさえあります。

ですから世の中の歯医者さんの中には「虫歯にならないようにお手入れがんばってくださいね」
と言われるような先生もいらっしゃるかもしれません。
なんならその方が
「前の歯医者では抜かないといけないと言われたがこちらでは抜かなくていいと言われた。
余計な抜歯をするところだった」などと感謝され
評判が良くなることすら現実には起こっているのではないでしょうか。

しかし抜くべき歯をそのままにしたその患者さんに待ち受ける未来は
先ほど書いた通り悲惨なものです。
そしてその答え合わせはすぐにではなく時間差でやってきます。
横に倒れた親知らずと手前の歯との間を完全にキレイに磨くことは
不可能に等しく、虫歯が進行するのは時間の問題なのです。

もちろん抜歯だと言われてその説明が不十分であったり
内容に納得できないのであれば抜歯を保留することも考えてもいいかもしれません。
しかし必ず他の医院でセカンドオピニオンなどを聞いていただいて
納得できる治療を受けるようにおすすめします。

お口のことについてお困り、お悩みの際には是非当院でご相談ください。

クリニックのご案内