歯周病は要注意! 妊娠中に起きるお口の中の変化

妊娠中は口腔内の環境が崩れやすいことはご存知でしたでしょうか。


[ 妊娠中、口の中で起こること ]

・妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、歯周病原性細菌が増殖しやすくなります。

・血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まって口腔の自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

・「つわり」による食嗜好の変化や歯みがきの困難、胎児の発育による食事回数の増加による、口腔ケアが不足しがちになり、口腔環境が悪化してむし歯や歯周疾患のリスクは高くなります。


次に、[ 歯周病と低体重児早産の関係 ] です。

近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。これは歯周病による炎症が血流を介して全身に波及するために起こるとされていますが、なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産のリスクが高くなることが指摘されています。 

引用:日本臨床歯周病学会 https://www.jacp.net/perio/effect/

そのリスクは実に7倍にものぼるといわれ、驚くことにタバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い数字です。

歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です!

私も妊娠中、悪阻がひどく口腔ケアが難しいことを当方の歯科衛生士に相談したところ、洗口液ですすぐことを勧めてくれました。食べる回数が多くなってしまう妊娠中ですが少しのケアが大きな違いにつながります!

それぞれの方に合わせたアドバイスを致しますので、体調の良い時に検診にいらして下さい。

本記事作成者
本部
ブリュイヤン

クリニックのご案内