歯科と医療費控除

こんにちは。皆さんは「医療費控除」という言葉を聞いたことがありますか?

これは、自分自身や家族の為に支払った医療費が、1年間で10万円を超える場合に、確定申告を行なうことで一定の所得控除を受けることができる制度 のことです。

ざっくり簡単に言うと、「今年の我が家の医療費は10万円を超えました」と税務署に報告すると、所得税が安くなるのです。

 

対象となる医療費の要件

申請できる医療費は、

  • その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費であること
  • 自分自身や、自分と生計を一にする家族の医療費であること
  • 上記の医療費の合計が10万円を超える(または合計所得金額の5%を超える)金額であること

※医療費控除の対象上限金額は1年間200万円まで。

 

となっております。

 

医療費控除の対象は?

受付で、たまに患者さまから「このセラミックの治療費は医療費控除に使えますか?」と聞かれることがあります。

歯科における、医療費控除の対象となるものは

〇保険診療全般

〇インプラント治療

〇セラミック治療

〇矯正治療(※1)

〇交通費(※2)

などです。

 

逆に、対象とならないものは

×美容を目的とした矯正治療(※1)

×ホワイトニングやヤニ取りなど美容目的の費用

×歯ブラシや歯磨き粉などの物品購入費

×自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場代(※2)

などがあります。

※1 矯正費用については、不正咬合における歯列矯正のように、身体の構造や機能を是正する目的の場合は医療費控除の対象となります。

※2 交通費については、公共交通機関における交通費のみ対象となります。交通費の記録も忘れず取っておきましょう。(小さなお子様の通院に付き添う保護者の方の交通費も対象となります)

保険診療だけでなく、セラミックやインプラントなどの自費診療の費用も利用可能なのです。

 

実際、私の母も去年インプラントをしたのですが、医療費控除によって一泊二日の沖縄旅行に行けるくらいの金額が浮いたようです。

近場であれば、二人で露天風呂付個室に一泊二日もできてしまうくらいです。

結構大きな金額ですよね!

 

学校では教わることのない制度で、認知度はそこまで高くないのが実情ですが

知っていて損なことはありません。

ちなみに、医療費控除は過去5年に遡って申請することも可能です。

・家族の医療費合計が高くなりそうだな…

・お金が返ってくるなら、綺麗なセラミック治療を受けようかな

・実際いくら控除されるの?

など、興味・関心のある方は、詳しくは国税庁のホームページ または最寄りの税務署にてご確認下さい。

 

本記事作成者

豊中市 千里山田兄弟歯科 

受付/本部 河野

クリニックのご案内