カテゴリー: ブログ

食事は規則正しく決まった時間に

9月に入り、夏の暑さも少しずつ和らいできましたね。

8月は、夏休み中のお子さんがたくさん来院されました。

お話しを聞いていると、夏休み期間中は、学校や幼稚園に行っているときに比べ、日中におやつなどの間食をすることが多いとおっしゃる患者さんが多数いらっしゃったように感じます。

食事やおやつはダラダラ食べずに時間を決めて食べるように、聞かれたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そして、その理由をご存知ですか?

通常、私たちのお口の中は中性(PH7)に保たれています。

食事やおやつを食べることによりPHが下がり、お口の中が酸性に傾き、歯が溶けやすい状態になります。
そして30分から1時間くらいかけて、唾液の働きによりお口の中が中性に戻されます。(再石灰化)

しかし、食事やおやつなどをちょこちょこ食べていると、お口の中が常に酸性になり、虫歯になりやすい状態が続くのです。
以上の理由で、食事やおやつは時間を決めて食べるように言われています

これは、お子さまだけではなく、大人の方も同じです。
間食はできるだけ控えて、歯が再石灰化する時間を確保するように心がけましょう

当院では、お子さま用のキシリトール100%のタブレットも置いております

ぜひ、試してみてください

秋が近づいてきました

こんにちは、学園前スタッフの田中です。

日中は暑い日が続きますが、朝晩は少し冷えトンボが飛んでいるのを見かけることも多くなり、秋の訪れを感じ始める季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか

 秋といえば、食欲の秋といわれるくらい美味しい食材が多く食欲が増す季節ですね。

美味しく食べるためにもお口の健康は大切です

 1、良く噛んで、栄誉バランスのとれた食事をしましょう

2、間食は時間を決めて食べるようにしましょう

3、毎食後、歯磨きをする習慣をつけましょう

4、虫歯などのトラブルがある場合は早急に治療しましょう

 

 お口の健康を保って、食欲の秋を楽しみましょう

 

お口の定期検診を受けましょう!

こんにちは

学園前スタッフの高橋です。

お盆も終わり8月下旬となり朝晩少しずつ冷え始める季節となってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

気づけば今年も早い事に残り4ヶ月となり月が経つのは早いなと実感しております

来年はオリンピックの時期ですが、どの選手もどのような活躍を見せてくれるのか目が離せないですね

健康状態を保つ為にも食事などにも気を付けている選手は多いと思います。その為にはお口の中の健康状態を保つ事が大事です

みなさまは定期的に歯科検診を受けられていますでしょうか

定期検診はとても大事でお口の中を常に綺麗に保つ事で自信にも繋がり、ご自身では目に見えなかった虫歯なども大きくなる前に早期発見する事ができます

是非、みなさまも定期検診を受けられてみてはいかがですか?


 

 

 

歯神社をご存知ですか?

こんにちは。

学園前スタッフの北村です。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、先日ひまわり畑を見に淡路島へ行ってきました


淡路島にある日本最古の社・伊弉諾神宮を参拝しました。

自然に囲まれており、パワースポットとしても有名みたいです。

 

神社といえば、大阪に歯神社があるのはご存知ですか?

大阪の阪急梅田駅の近くにあり、歯痛鎮静、健歯護持にご利益があるといわれています。

歯神社本殿の手前に「なで石」という小さな石が置いてあり、この石をなでて歯の痛いところをさすれば痛みが和らぐといわれています。

みなさんも是非行ってみて下さい

 

歯科治療や健診、受診されていますか?

みなさん、こんにちは。

歯科医師の室野と申します。

 

このブログをお読みのみなさんはすでに当院にお越しいただいて治療を受けていらっしゃる方もいれば、お口のトラブルで治療を受けようか迷っていらっしゃる方も、また困ったことはないけれど久しく健診も受けていないしそろそろ行こうかなと考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

 

迷っている方は今すぐにでも予約を入れて受診することをお勧めします。

 

これはあくまで私個人の持論なのですが「“やるべきか迷っている”ことは自分自身でも“やるべき”ことと分かっているけれど、“やりたくない・気がすすまない”と思っているだけ。行動すべきか迷っているならすぐにでも実行すべきである」という持論があります。

状況によって必ずしも正しいとは言えませんが歯科の治療に限って言えばこれは多くの場合正しいと言えます。

 

なぜならお口の中に生じる病気、虫歯や歯周病は適切な処置をしないと基本的には悪化する一方の病気だからです。つまり虫歯や歯周病は早期発見・早期治療が求められる病気なのです。

 

ここである調査結果をお見せしましょう。

日本歯科医師会が実施した「⻭科医療に関する⼀般⽣活者意識調査」の結果です。

「物事への対応について先に片づける方か先延ばしにする方か」との質問に対して

日常生活の行動全般に関しては「先に片づける」が73.4%、「先延ばし」が26.6%

と物事を早めに片づける人が大多数であるのに対し

歯科医院の健診・受診に関しては「早めに受診する」が47.3%、「先延ばし」が52.7%と

過半数の人たちが先延ばしにしてしまっているのです。

 

そして次の「もっと早くから歯科の健診・治療をしておけばよかったと思うか」の質問には

4人中3人にあたる75.7%の方がもっと早く健診・治療を受けておけばよかったと回答しているのです。

これらのことから多くの方々が歯科医院への健診・受診を“やるべきこと”と分かっているのに

気がすすまないから、やりたくないからと先延ばしにして、後々早く受診しておけばよかったと後悔しているのです。

 

迷っているならまずは受診してみましょう。

「迷ってい たけれど思い切って受診してみて良かった」と思っていただける診療をお約束いたします。

当院スタッフ一同、連絡をお待ちしております。