月別: 2019年3月

爽やかな朝を・・・

初めまして2年目衛生士です。

初めてブログをUPします。

趣味は神社や寺を巡ることです

神様の神話はいろいろあり面白かったり

悲しかったり、心に響く内容もあり興味を持ちました

早朝の神社は人が少なく参拝しやすく

空気が落ち着いていて

参拝後は心が清らかで爽やかになります。

爽やかな時間を一日の中で感じる時はありますか

今、朝の目覚め爽やかになるアイテムが出てきました

寝る前に舐めるか、噛むかでいつもより爽やか

清々しく起きれます

そのアイテムの名前は

ロイテリ菌タブレットガム

お口の虫歯菌や歯周病菌を減らしてくれます

お腹の中から綺麗にしてくれます

アトピー性皮膚炎の改善も

勿論、自分で使うもよし、

ご家族やお友達にプレゼントするもよし

一度、お試しください

 

 

 

ラシャスリップス

こんにちは ^^

 数日、雨の日が続いてますが

どんどん春に近づいてきましたね♪ 

 季節の変わり目には

新しいコスメが気になりませんか?

 

ウェルネスデンタルクリニックでは

大人気のラシャスリップス

取り扱いが始まりました(^^)

 

 ~ラシャスリップスとは~

 

医療機関専売で美容外科や

歯科のみで販売しているリップです!

 ヒアルロン酸を注射したみたいに、

唇がふっくらぷるぷるになる!と、

話題のリップなのです

 気付くと唇がパサパサになってしまう方

唇の縦じわが気になる方

唇をケアしつつ、色をのせたい方

 

そんな方にとてもオススメです^ ^

 

カラーは全部で15

 

ウェルネスデンタルクリニックには

テスターもご用意しておりますので、

ぜひお試しください(^ ^)

 

講習会に参加してきました。

こんにちは千里医院 歯科医師の横山です。

3月3日の日曜日は山田先生、杉森先生、中谷先生と4人で大森塾の年次大会とういう講習会に参加して勉強してきました。

大森塾というのは歯科の勉強会のグループのことで、今回は韓国の勉強会グループと大森塾の卒業生の方々の合同の発表でした。

初めて韓国の先生方の発表を聞きましたが、とても意識が高くレベルの高い治療をされていました。

内容としては主にかみ合わせなどで多数の被せ物が壊れたり、歯が折れてしまうといった、トラブルが頻発するような症例をどう治療していくかということについてみなさんが発表されていました。

もし、そのような状態になってしまった場合はどうしてこの歯がむし歯になったのか、折れてしまったのか、根っこが膿んでしまったのか。根本の原因を究明してそこにアプローチをするということがとても大切です。

しかしそのような治療は、一度大きく壊れてしまったものを一から組み立てていくような治療なので、費用も期間もかかり患者さんも僕たちもとても根気がいるものとなります。

歯は残念ながら消耗品のようなもので、再生することは今のところありません。修理を繰り返すのにも限度があります。

症状が出たり、トラブルを起こしたところだけの治療はむしろ治療ではなく、修理のようなものです。

大きく壊れてしまう前に是非、早めの歯科への受診をよろしくお願いします。

『オーラルフレイル』の予防について

こんにちは、Wellness Dental Clinic院長の山田理人です。

今年もあっという間に3月に入りましたね。

今回は最近よくニュースや新聞等で話題に上がる「人生100年時代」についてです。

 

現在の平均寿命は男性が81歳(世界第3位)・女性が87歳(世界第2位)です。

そして研究では2007年に生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されています。

その長寿を健康に生きるには2つの予防が大切であるということが分かっています。

それは『フレイル』と『オーラルフレイル』の予防です。

フレイルとは体が衰えていくことです。

今回は『オーラルフレイル』について考えたいと思います。

 

オーラルフレイルとは歯や口の健康が低下すると、滑舌が悪くなり人との接触を避けるようになる、栄養摂取も悪くなるなどから、社会性と心身機能面が低下し、フレイルの状態に陥るケースが多いということです。

つまり「口の中の機能が低下すると、体の衰えにつながる」ということです。

ではどのように予防すれば良いのでしょうか。

予防には社会参加・バランスの良い食事・運動を意識することが大切だそうで、そして何と言っても口腔ケアが重要です。

 

これから私たち歯科医院も人生100年時代になってくると役割が少しずつ変わってくると思いますので、必要なサービスを提供できるように成長を続けたいと思います。

是非健康長寿を一緒に達成しましょう。

その為にまずは健診を受診してください、そして御自身の歯を一緒に守りましょうね。