月: 2022年6月

旅行中の口腔ケア

こんにちは。

暑い毎日が続くようになりましたね。

近頃少しずつ遠方へお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

旅行中、食事の後すぐ歯磨きをするのは難しいですよね。そこで今回は外出先で歯磨きができない時のおすすめの口腔ケアについて伝えさせていただきます。

『うがい』

手軽に行うことができます。水を口に含みぶくぶくと何度かうがいをしてください。

『マウスウォッシュ』

マウスウォッシュを使うことで口腔内がスッキリします。殺菌効果で口臭予防としても使用できます。中でも歯科専用販売の「ハビットプロ」をおすすめします。ノンアルコール処方でピリピリせずに、スッキリ爽快で低刺激、マイルドな洗口液が辛くて刺激が強いと苦手な方は特におすすめです!お子様にも使っていただきやすいです。

在庫限りですが、今なら小さいサイズも販売しておりますので是非お試しください。

『ガム、タブレット』

こちらも口腔内がすっきりします。またガムに含まれるキシリトールで虫歯菌の増殖の抑制効果を得られます。ガムの中で特にお勧めなのが歯科医院で販売している歯科専用のガムです。甘味料としてキシリトールを100%使用しています。味も数種類ございますのでご覧になってください。

本記事作成者

奈良市学園前山田兄弟歯科

歯科助手 北條

歯科検診のメリット🦷

病院には「痛くなったら」「不調を感じたら」など何か症状があったら行くと普段思っていらっしゃる方が多いかと思います。

「今困ってないし」「忙しいし」「お金がかかるし」などなにかと理由をつけて歯科検診を先延ばしにしていませんか?

虫歯も歯周病も痛みがないまま進行するので、あったとしても気づかずに放置しそのまま進行してしまうことがほとんどです。

進行が続き、痛みが出たときには既に歯や神経を取らざるを得なくなる恐れがあります。

そうならないために歯科検診を受け、早めに痛みが出る前に発見し治療をすることで、歯を長く使えるようにしていくことをおすすめします。

歯を失ってしまってから作製する入れ歯は決して快適に使用できるものではありません

髪の毛一本でもあると気持ち悪く感じる口腔内に入れるものですから、やはり異物感が大きくとても使えないと仰られる方も多いです。

入れ歯を使わないと食べられないなんてことにならないよう、ご自身の歯を長く大切にしていきたいですね。

早めに発見出来ると治療回数も少なく済み、時間や費用の負担も軽減できるので、結果的には痛みが出てから治療した方が長時間かつ高額となってしまうのです。

検診に行かない方が損だと感じませんか。

上の歯や、歯と歯の間などご自身では見えづらい歯の健康状態を定期的にチェックし、メンテナンスしていくことをおすすめします

 

 

本記事作成者

豊中市 千里山田兄弟歯科   

歯科助手 橋本

歯磨きの利点と欠点

 

〈歯磨きする事の利点〉

・歯についたプラーク(歯垢)を除去する事で虫歯、歯周病の予防になる

・歯、歯肉、舌に付着した汚れを取り除く事で口臭の予防、改善される事もある

・歯の表面がツルツルとした舌触りになり、爽快感を得られる

・口の中の細菌を減らすことによって誤嚥(ごえん)性肺炎の発症を少なくすることができる

 

〈歯磨きする事の欠点〉

歯磨きをすることによる欠点は

不適切な磨き方

過度に圧をかけている

頻繁に磨いている

傷んだ歯ブラシの使用

硬い毛の歯ブラシの使用など、

これらのことによって起こるものです。

 

・歯肉退縮(しにくたいしゅく)

歯茎が下がることであり、加齢にともなって下がりますが、乱暴な磨き方や力の入れすぎ、毛先が傷んだ歯ブラシの使用で下がる度合いが非常に大きくなります。

・擦過傷(さっかしょう)

歯磨きのし過ぎ、力任せな磨き方で歯茎についてしまう擦り傷のことで、硬い毛の歯ブラシ、毛先が痛んだ歯ブラシを使用すると起こりやすいです。

・クレフト

歯茎にできたV字やU字の縦の裂け目のことである。力任せの縦磨きによって歯と歯の間に汚れが溜まり炎症が起き、歯ブラシが通ったとおりに歯茎が削れることによって起こります。

・フェストゥーン

歯茎のふちが肥厚しロール状に盛り上がった状態のことであり、力任せの磨き方によって起こります。

・楔状(くさびじょう)欠損

歯が楔状に削り取られたもので、歯の歯茎沿いの部分にできる。歯磨き剤の使いすぎ、力の入れすぎによって起こります。

歯磨き中、歯ブラシの毛先に加わる適正な圧力は100200グラムと言われています。

 

適切な歯磨き方法や自分に合った歯ブラシなど知りたい方は気軽にスタッフまでお声掛けください。

 

本記事作成者

奈良市学園前山田兄弟歯科

歯科助手 栗林

 

口閉じ歯磨き

 

新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから、歯を磨く際に、飛沫が気になる方もいるのではないでしょうか。

職場や学校で歯を磨く際は、飛沫を飛ばさないなどの配慮をしたいものです。

口を開けて歯を磨くと飛沫が口の外に飛びがちですが、口を閉じて磨くことにより、飛びにくくすることができます。

口を閉じて磨くことは、日本歯科医師会でも紹介しています。

<口の閉じ方>

①意識しないと口が開いてしまうため、口を閉じることを意識する

②力を入れ過ぎると磨きにくいため、口を軽く閉じるようにする

③前歯の外側は口をすぼめて、唇でハブラシを覆う

<ハブラシの選び方>

 ネック部分が細い、ヘッド部分の厚みが薄いハブラシなど、お口の状態に合わせて磨きやすいものを選ぶ。

口を閉じにくい方は、薄型のヘッド、細いネック、ヘッドの部分があまり長くないハブラシの方が、口を自然に閉じやすいなど、その人の磨き方やお口の状態によっても使い勝手が違うことと思います。ご自分に合ったハブラシを探してみると良いですね。

 共用の洗面所では、空いている時間を狙って1人で行う、口を閉じて磨く「口閉じ歯みがき」をする、すすぎは低い位置で水を吐き出す、口をすすいだあとは、シンク内に水をかけて軽く洗い流しましょう。その際、口周りを触った手でうっかり周囲の物を触らないように気を付けるなどの工夫「歯みがきエチケット」で、衛生に配慮して歯を磨きましょう。
また、換気が可能な場合は、洗面所の窓を開けたり、換気扇を回すことも有効です。

歯の健康を守るためにも、エチケットに気をつけて、周囲の環境に配慮しながら「口閉じ歯みがき」を実践していきましょう。

 

記事作成者

奈良市学園前山田兄弟歯科

歯科助手 大西

シーラントをして虫歯予防をしよう!

シーラント【予防処置】をして虫歯を防ごう!!

こんにちは

いきなりですが皆さんはシーラントって知っていますか?🤔

シーラントとは

虫歯治療ではなく虫歯を予防する処置の1つです🦷

歯には小さな溝(裂溝)があります

その裂溝に磨き残しが溜まりやすく、除去出来ないと虫歯になります。

歯ブラシは溝の奥までは届きにくいので、除去しきれません

 

虫歯になる前に溝を埋めて予防することがシーラントです☀️

シーラントを行うタイミングは、

乳歯の奥歯が生えてくる34歳頃

永久歯の奥歯が生えてくる56歳頃

虫歯になりやすい12歳臼歯が生えてくる12歳頃です

生え変わりの時期は個人差があります

生えたばかりの永久歯は歯質が弱く、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があります。シーラントをすることで虫歯を防ぐことができます

シーラントの流れは

溝を綺麗に清掃、クリーニングをして汚れを取ります

その後、充填材を流し入れて固めます

溝を埋める充填材にはフッ素が含まれています

歯の表面から少しずつフッ素を取り込みエナメル質を強化してくれる効果もあります😉

シーラントは時間が経つと割れたり取れる事があります。

そのまま放置しておくと虫歯になるリスクが高くなります。なので定期的なメンテナンス、検診をしっかりと受けてチェックするようにしましょう😌

毎日の歯磨き、フッ素、シーラント、定期検診を受けて虫歯にならないように頑張りましょう🦷✨

 

本記事作成者

豊中市 千里山田兄弟歯科   

歯科衛生士 白地

イラスト︰歯科素材.com