月: 2022年8月

舌の動きを気にした事ありますか?

皆さん こんにちは。

皆さんは普段の舌の動きを気にした事はありますか?

最近まで私も全く気にしていませんでした。

矯正を始めて先生に言われて気付き

ただいま改善トレーニング中です。

 

舌の位置が悪いとどんな影響があると思いますか?

 

上顎の成長が弱まり

上顎が狭くなるため歯並びが悪くなる

さ行た行などの発音がしにくい

顎の位置が変わる

気道を狭くして口呼吸になる

睡眠時無呼吸症候群になる場合もある

歯に異常な力が加わり

「出っ歯」「受け口」「開口」等歯並びが悪くなります。

 

 

正しい舌の位置とは

  • 舌の先が上の前歯の裏に付いている。
  • 舌の広い部分が上顎の裏に軽く付いている

 

チェック方法①

1、鏡を持ち、唇を開けたままで歯を噛んだ状態にします。

2、その状態で唾を飲み込んでみましょう。

 

歯と歯の隙間から舌がはみ出して見えていたり

歯に舌が当たっている感触があれば要注意です。

 

チェック方法②

1、ガムを柔らかくなるまで噛み、舌を使い舌の上で丸めます。

2、丸めたガムを舌の先近くまで持っていきます。

3、上顎にガムを押し当てその形をみます。

ガムを丸く出来ない、前歯に付く、形が縦長になる場合は

舌の位置が間違っている可能性があります。

 

皆さんチェックしていかがでしたか?

当てはまる方は舌壁改善トレーニングを続けてください。

 

トレーニング方法

  • 舌を平らにしたり、尖らせたり、形を変える
  • 口を開け、舌先でゆっくりと上くちびるをなぞる
  • 上を向いて口を大きく開けて、ガラガラうがいをして、止める
  • 舌全体を上あごに吸い上げ、「ポン」と音を出す

   舌先はまるめないこと

  • 舌先を上顎につけ、ストローを5分間噛む

   くちびるは閉じて行う

 

いろいろと改善トレーニングがありますので

気になる方はチェックしてみたり

歯科医院で先生や歯科衛生士にお気軽にお尋ねください。

 

本記事作成者

豊中市 千里山田兄弟歯科

歯科衛生士  K

赤ちゃんの歯みがきはいつから始める?

みなさんこんにちは!
 
さて、今日は赤ちゃんのお口のケアについて
ご紹介します!
 
 
赤ちゃんは、
生まれた時には歯が生えていませんが、
生後 約半年経つと
徐々に歯が生えていくのです!
 
歯が生え始めたからといって
急にお口を触られて歯ブラシを入れられると
多くの子どもは嫌がります。。
 
では、どのように
お口のケアに慣れさせていけば
よいのでしょうか??
 
 
まだ歯の生えていない授乳期の
赤ちゃんの唇や、お口の中は
非常に敏感です。
お母さんのおっぱいが触れた感触を
受け止めて哺乳するように、
特に触刺激に敏感に反応するのです。
 
歯みがきの準備のためにも、
離乳食の準備のためにも、
歯が生える前からお口の周りや中を触ってあげ、
触刺激に慣れるようにしておくと良いのです!
 
 
また、生後4〜5か月になって
乳歯が生える時期が近づいたら
湿らせたガーゼでお口の中を拭く、
ということを始めても良いですね♫
赤ちゃんの機嫌の良い時に
ちょっとお口の中に触れてみるくらいの感じで
やってみると
赤ちゃんも徐々にお口の中を触られることに
慣れてくるでしょう!
 
 
実際に乳歯が生えてきたら、
ガーゼみがきでケアしましょう。
機嫌の良い時には歯ブラシで軽く磨く練習を
してみても良いですね♫
 
上下の前歯が生え揃ったら
1日1回は歯ブラシで磨く習慣を
つけてくださいね。
 
1歳を過ぎて、奥歯が生えてきたら
寝る前の歯みがきをスタートしていきましょう!
 
 
このように、赤ちゃんのお口の
ステージに合わせて
徐々にお口のケアに慣れさせてあげましょう!
 
 
 
本記事作成者
奈良市 学園前山田兄弟歯科
歯科医師 柳

今、上下の歯は当たっていませんか?

こんにちは、千里山田兄弟歯科、歯科医師の横山です。

ところでこのブログを読んで頂いてるみなさん。今、あなたの上下の歯は離れていますか?

もし歯が当たって咬みあっていたらすぐに歯を離してください。

仕事中や集中している時、考え事をしてる時に無意識に上下の歯を咬み合わす癖がある方は多くいらっしゃいます。この癖を専門用語でTCH(Tooth Contacting Habit)と呼びます。

もちろん食事や唾を飲み込む時などは歯と歯は接触していますが、その時間は1日のうちでわずか20分程といわれています。

激しく食いしばってるわけではないし大丈夫だろうという声も聞こえそうですが、実は歯がカツンと少し当たるだけでも歯や顎には良くないのです。

下顎は筋肉で頭の骨からぶら下がってる状態なので、本来は筋肉がリラックスした状態では下顎はダランと上顎から離れるのが正常です。この下顎の位置を下顎安静位と呼びます。
上下の歯が当たるという事は本来はだらんとさせておくべき下顎を筋肉がずっと持ち上げている状態になります。そうなると筋肉に負荷がかかり、筋肉が過度に強くなってしまいます。
イメージとしては軽いダンベルをずっと持たされてる感じです。

そうなると咬む力が過度に強くなってしまったり、歯軋り、食いしばりをし易くなってしまいます。

歯に強い力が加わるとさまざまな問題を引き起こします。代表的な例では
○歯の磨耗やそれに伴う知覚過敏
○被せ物、詰め物の破折、脱離
○歯の破折
○歯を支える骨が溶ける(歯周病の悪化)

また歯だけの問題にとどまらず顎関節にまで症状を起こす可能性もあります。

こういった事に対する治療として当院ではマウスピースを用いた治療法とボトックス注射を用いた治療法等を行なっております。

咬んで痛い歯がある方、しみる歯がある方
朝起きた時に顎がだるい感じがする方
歯軋り、食いしばりのある方
は歯科医院で歯がどのようになっているかチェックしてもらった方が良いかもしれません。

なぜ歯周病予防にメインテナンス?

こんにちは!

先日私は、心斎橋医院の歯科衛生士力丸さんと一緒に、横浜で行われた日本臨床歯周病学会の講演大会に参加してきました。

沢山の貴重な講演を聞く事ができて、大変勉強になりました。

今回はその中から一つ、

なぜメインテナンスを受ける事が歯周病の予防や、病状の維持管理に有効なのかについて簡単にご紹介します。

歯周病は、歯周病の原因細菌の感染があっても、その細菌達と歯ぐき等の生体とのバランスが保たれていれば発症しませんが、何らかのきっかけでバランスが崩れると発症するのです。

では、バランスが崩れる時とはどんな時でしょうか?

一つは、糖尿病や、喫煙等により生体側の防御力が弱まった時です。

そして、今回注目したいのはもう一つのタイミングです。

それは、悪玉菌が増加した時です。

磨き残した歯垢は何種類もの細菌の集まりですが、実は細菌同士は栄養共生といって栄養を互いに交換し、協力しながら生きており、時間の経過に伴いパワーアップしていくのです!

そのため、定期的なプロフェッショナルケアでこの細菌を除去することに意味があるのです。

これが行われず、歯ぐきからの出血が始まると、血液中の成分を栄養にして更に歯周病菌は桁違いに増殖し、本格的に歯周病が進行してしまいます。

したがって、最もリスクになるのは定期的なメインテナンスを中断してしまう事です。

生涯に渡り様々な生活習慣や環境等の変化があり、お口のコンディションもそれに伴い変動しますので、その時のその方に合った期間でメインテナンスを行い、お口の健康を守っていきましょう!

本記事作成者

豊中市千里山田兄弟歯科

歯科衛生士 和田

キシリトールについて

皆様こんにちは!

奈良市 学園前山田兄弟歯科 歯科衛生士の出水です。

8月に入り、厳しい暑さが続いていますね。

もうすぐお盆休みですがコロナも増えており、おうちで過ごす予定と言う方も少なくないのではないでしょうか。

今回はそんなおうち時間の間で増えてしまいがちな時にオススメのおやつを紹介したいと思います!

こちらの、キシリトールが配合されているガムやタブレットです!

キシリトールとは、砂糖と同程度の甘さの天然の甘味料になります。

虫歯の原因となる酸を作り出すことが出来ないので、虫歯になりにくいお口の中の環境を作る事ができます。

しかし、キシリトールのみでは完全に虫歯を防ぐ事は出来ないので、毎日のセルフケアや定期検診はしっかり受診するようにしましょう!