Your Dentist

  • 山田 正人

    医療法人尚歯会 理事長 学園前医院 院長

    山田 正人

    • 歯科医師
    • 朝日大学歯学部 卒業
    メッセージ

    削って、つめて、そしておしまい、ではなく、その治療が長期間使用に耐えて、さらには新たな問題をつくらないですむよう、あなた自身の管理方法を改善できれば、歯医者通いもそんなに大変でなくなってくるかもしれません。今までとは違った診療所と患者さまの関係を、前向きに築きませんか?

  • 三谷 宜生

    千里医院 院長

    三谷 宜生

    • 歯科医師
    • 歯科医師臨床研修指導歯科医
    • 大阪歯科大学卒業
    メッセージ

    診療所は悪くなってしまったところを改善して、新たなスタート地点から二度とその状態に戻らないよう、歯やお口から始まる健康を守るところだと考えています。私たちと出会うことで、歯の治療のことだけでなく口の中の健康を考え、自分の生活を再認識することの大切さを知っていただきたいです。

  • 山田 理人

    Wellness Dental Clinic 院長

    山田 理人

    • 歯科医師
    • 歯科医師臨床研修指導医
    • 大阪歯科大学卒業
    メッセージ

    「健康的で美しい口元に」
    健康に関してとても関心がとても高まっています、とても良いことですね。当院では歯の健康はもちろんですが、審美性も高い美しい口元で過ごしてもらいたいと考えています。健康的で白い歯の笑顔はあなたの美しさを引き立てます。当医院は、不必要に削ったり抜いたりせず「体に優しい治療」を行い、又マイクロスコープを使用し精密度の非常に高い治療と、クオリティの高いセラミックで健康的で美しい口元を提供しています。

    「長い間お付き合いできる歯科医院」
    当院の一つの目標は患者さんと長い間お付き合いすることです。それは口腔内の病気の特徴からきます。一つは口腔内の病気は細菌性が多いということ、2つ目は多くが長期的に進行する病気だからです。治療を行っても良い状態を継続しなければ将来また治療が必要になってしまいます。ただし継続すればコントロールできる病気です。まず自身の口の中の状態を調べて知りましょう。そしてなぜ今の状態になったのか、これから長い間どのようにして健康的な状態で維持していくのかを相談しましょう。

  • 室野 宏幸

    千里医院 副院長

    室野 宏幸

    • 歯科医師
    • 歯科医師臨床研修指導歯科医
    • 大阪大学歯学部 卒業
    メッセージ

    「 まずはご自分のお口の中のことを知ることから始めましょう 」
    私が歯科医師として診療する中で、みなさんがあまりにもご自分のお口のことをご存知ないことに日々驚かされます。ご自身の歯が何本あるか、今までどんな治療を受けたか、そういったことを知らない方がほとんどなのです。そのため「痛い」か「痛くない」かでしか、ご自分のお口の健康状態を認識することが出来ず、その結果つらい思いをされているのではないでしょうか?当院ではまずご自身のお口のことをよく理解していただき、これからどうなっていくのか、より良くするためにはどうしたらいいのかをご説明し、望ましい治療やお手入れに関するご相談をさせていただきます。ご自分のお口のことをよく知り、虫歯や歯周病の病気のことをよく知ればお手入れのことや受けるべき治療、これからどうなっていくかがおのずとご理解いただけると思います。今、お口のことでお悩み・お困りの方も、そうでない方もまずはしっかり調べてよく知ることから始めましょう。

    「 本当の意味でみなさんのご要望を叶える治療をご提案します 」
    みなさんは歯科治療にどんなことをもとめていらっしゃるでしょうか?痛くない治療、見た目がキレイな治療、よく噛めるようになる治療。さまざまなご要望があると思います。より具体的に「ここをこうしてほしい」というようなご要望がある方もいらっしゃるかもしれません。当院ではそれらのご要望に可能な限りお応えします。しかし必ずしもご要望そのままの治療をするということではありません。お困りのことやご要望についてお伺いし専門的な知識や経験をもとに最適な治療のご提案をいたします。その内容がもしかしたらみなさんの思いもよらない方法かもしれません。それは当院の治療計画が今この瞬間だけではなく10年後20年後も最適な状態を維持するためのものだからです。私は歯を削りたくもありませんし抜きたくもありません。それでも削った方がいい、抜いたほうがいいとお伝えするのは10年20年経った時に、削らざるをえなくなる歯、抜かざるをえなくなる歯を最少にするためです。簡単な例をあげると歯を抜きたくないという患者さんに対して歯を抜くという治療のご提案をすることがあります。その歯の状況が悪くそのままだと将来的に前後の歯も道ずれで3本抜歯になってしまう可能性があるような場合です。このように一見ご要望に対して思いもよらないような治療のご提案になるかもしれません。しかしそれは人生という長いスパンで見たときにご要望を最大限に叶えるためのご提案です。

  • 右田 千晶

    右田 千晶

    • 歯科医師
    • 北海道医療大学歯学部歯学科 卒業
    メッセージ

    「 痛くならないように通う歯医者 」
    皆さんには、ご自身のお口の中のことを何でも相談することのできる『かかりつけ歯科医』は いらっしゃいますか?日本歯科医師会が15~79歳の男女10,000人を対象に行ったインターネット調査結果では、歯科治療経験者の63%は『かかりつけ歯科医』がいると回答がある一方で、定期的に歯科受診をしている人は31%でした。そして、人生を振り返って、もっと早く歯の健診や治療をすれば良かったと全体の4人に3人が後悔していると回答していました。つまり、私たちがご提案させていただきたいのは、『痛くなったときに、いつも行く歯科医院』ではなく、『痛くならないように、定期的に行く。そして、一生涯、ご自身のお口の中の健康を、ご自身にとってベストなかたちで共に管理していく歯科医院』です。お口の中は非常に繊細な組織で、歯や歯茎が痛くなってから歯科医院に行っても、残念ながら、痛みがすぐには治まらなかったり、治療に期間や費用を要してしまうことが往々にしてあります。それに対して、早期に発見された小さな虫歯であれば、1回で治療が完結することもあります。是非、歯科医院との関わり方を考えてみてください。

    「 強く美しい歯を提供します」
    最近では、虫歯や歯周病の治療のみに止まらず、患者様のお口元に対する審美的欲求も高くなってきているように感じます。審美的な治療のひとつとして、セラミックによる詰め物や被せ物がありますが、セラミックは単に白いお素材というだけでなく、銀歯と比較して、より虫歯にもなりにくいお素材だということをご存知でしょうか?当院では、まず、ご来院頂いた際に、細かく精密検査を行います。そして、お口の中全体の総合的な診断を行い、患者様のご要望も踏まえ、今後の治療のご相談をさせて頂いております。その際に、なぜ虫歯になったのか、なぜ今回は治療が必要なのか、また虫歯にならない為にはどうしたら良いのか、きちんとご説明させていただきます。当然、当院では、全ての患者様が個室で診療を受けていただくことが可能となっておりますので、プライバシーの面からも、ご安心ください。ぜひ、皆様のお口の中の健康づくり、そして、健康を守るお手伝いをさせていただければと思います。

  • 安藤 健太

    安藤 健太

    • 歯科医師
    • 大阪歯科大学 卒業
    メッセージ

    「 一人ひとりにベストな治療で生活をより良いものに 」
    私は、「一人でも多くの皆様が、生涯を通じて健康で楽しい食生活を送っていただき、そして8020(80才で20本の歯を残す)を達成していただく」を目指しております。そのために、知識・技術の向上に励むとともに、それぞれの患者様にとってベストの治療方法を提案し、治療していきますので、疑問や気になることがあれば何でも仰ってください。

  • 川谷 有紀

    川谷 有紀

    • 歯科医師
    • 国立鹿児島大学歯学部 卒業
    メッセージ

    歯は治療のしかたで寿命が短くも長くもなります。1本1本の歯を大切に、より機能的に美しく治療したいと思っています。お口のことでお困りのことやご希望があれば是非一度ご相談下さい。

  • 中谷 賢祐

    中谷 賢祐

    • 歯科医師
    • 大阪歯科大学 卒業
    メッセージ

    「 いつまでも、不自由なく食事が出来るように 」
    食べるということは生きていく上で不可欠なことです。食べ物には味以外にも、食感や硬さや粘り、温度など様々な違いがあります。それを両方の奥歯で力加減をせずに噛むということはとても幸せなことです。いまの自分の人生において食が占める割合が少なくても、歳を重ねるにつれ、その割合は大きくなる可能性があります。そんなとき、好きなものを美味しく食べることができない自分になりたいという人はいないと思います。私もたくさんの治療を受けてきました。治療が終わり、なんの不自由さも感じずに食事を摂れることはとても幸せなことだと感じました。気が付けば当たり前のように口の中にある歯は約15歳までに生えそろいます。日本人の平均寿命は80歳を超えているため、その後65年間その歯が必要になります。また、むし歯や歯周病は初期では症状が出づらく、症状が出た時にはかなり病態が進行していることが多い疾患です。自分一人では自分の歯を守ることが難しいという事と、当たり前のようにある歯はいつか壊れる可能性があり、もう生えてこないという事実を認識しなくてはいけません。痛むからといってどちらか痛まない方で食事されていませんか?歯はあなたの体の一部です。そして私たちはあなたの歯を守るお手伝いができます。何歳になっても自分の好きなものを食べることができるという価値観を大切にしていただければ幸いです。

    「 歯を磨くということは意外と難しい 」
    むし歯や歯周病は食べ物の磨き残しを栄養源にした細菌が出す酸や毒素から起こります。毎日ブラッシングをしているのになぜむし歯や歯周病になるのかと思われる方が多いのではないでしょうか。それは、ブラッシングをしていても歯ブラシの先が当たっていないところに磨き残しができ、それを栄養源にした細菌が歯や周りを支えている骨を溶かします。ほとんどの人は歯と歯の間や、歯と歯茎の間などブラッシングしにくい場所からむし歯が起こります。歯ブラシという道具を使い、見えない口の中にある28本の歯、それの全ての面、歯と歯の間、歯と歯茎の間を掃除するには限界があります。その磨き残しを検診で除去し、経過をみていく事があなたの歯を守ることに繋がります。美容室やマッサージに月に1度通うことはできるが、歯医者に行くのは3か月に1度でも嫌だと思う気持ちは分かります。しかし物心がついてから当たり前のように口の中にある歯は二度と生えてくることはなく、徐々にすり減っていきます。正しい知識やブラッシングの方法をきちんと知らないままでは自分の歯を守ることはできません。まずはそれを知るためにも歯医者に足を運んで下さい。できれば、私たちは痛くないときのあなたとお会いしたいと考えています。

  • 横山 亮太

    横山 亮太

    • 歯科医師
    • 愛知学院大学歯学部 卒業
    メッセージ

    「 当院を選んで頂いた皆様へ 」
    来院される患者さんたちの悩みは様々で歯が痛い、歯ぐきが腫れた方や歯周病が気になる方、綺麗で長持ちする治療を希望される方、入れ歯が合わなくて困ってらっしゃる方から今まで歯医者さんに長い間行けなかったけど重い腰をあげて頑張って来て頂いた方などなど。口の中を人に見せることはとても勇気がいることだと思いますし、歯科治療というのは怖くて、痛いといったイメージを持つ方がとても多いです。確かに痛みを伴う可能性のある治療もありますし、不安は皆様お持ちかとは思います。来て頂いた方には当院を選んで頂いてことを後悔していただかないようきちんと説明を行い、数あるプランの中で最適な治療を提案し、そして誠実な治療を行うことで快適な生活をお口の健康からサポートしていきたいと思っております。

    「 なんでもお聞きください 」
    当院に来られる方は年齢層も様々ですが、多くの患者さんは初めての歯科医院ではないという方が多いです。なかなかいい歯医者さんが見つからず点々と医院を変わる方も多くいらっしゃいます。そういう方たちの多くは前の医院で歯を勝手に削られた、抜かれたなど耳にします。実際は全く説明のないまま治療することは稀だと思いますが、なぜそう感じてしまうのか。それは医師の伝えたと患者さんの伝わったという間に大きなギャップが生じているからだと思います。歯科治療というのは基本的には殆どが不可逆的な行為に当たります。歯は削ると元には戻りません。だからと言って悪い歯を残しておくと他の歯に悪影響を与えることもあります。なぜこの歯は削るべきなのか、抜いた方がお口の健康を向上させるのかをきちんと患者さんが理解していることが大切だと思います。理解頂けるよう、説明させて頂きますすので、分からないことがあればいつでもお聞かせください。

  • 山本 治毅

    山本 治毅

    • 歯科医師
    • 歯学博士
    • 大阪大学歯学部卒業
    • 大阪大学歯学部大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学分野卒業
  • 中津 健斗

    中津 健斗

    • 歯科医師
    • 朝日大学卒業
    メッセージ

    「 安心の治療を 」
    みなさんは歯科医院と聞くとどのような事を思い浮かべますでしょうか。きっと、怖い、痛い、緊張するなどのネガティブなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。私は、患者様とじっくり向き合い、話し合い、理解していただくまで分かりやすく説明することを心がけて、患者様が歯科医院を好きになってもらえるよう、思いやりをもって治療させていただきます。

    「 信頼関係を築くために」
    私が、歯科診療において、一番大事にしているのは患者様との信頼関係です。そのためにしっかりとした診断をしてお口のなかの原因を探り、その場限りではなく将来のことも考えた診療を提供しています。患者さまに納得のいく説明と、情報の提供をすることで、歯科治療というネガティブなイメージのあるものを、不安なく・安心・全に、受けていただるように信頼関係を築いていきたいと思います。また、無痛治療にも取り組んでおり、少しでもお体に負担の少ない治療を心がけています。どうぞどんなことでもお気軽にご相談下さい。

  • 本田 奈々子

    本田 奈々子

    • 歯科医師
    • 大阪大学歯学部卒業
    メッセージ

    「今の状態を知ることが大切です」
    今や国民病と言われている歯周病についてご存知でしょうか。なんと、30代の8割の人の歯周組織に歯周病の所見が見られ、さらに年代が上がるにつれ割合が高くなると言われています。大人の8割がかかる病気。しかも痛みや歯の揺れなどの目立った症状が出てくるころには歯周病がすでにかなり進行してしまっているというケースが多いのです。この驚きの有病率となかなか目立たない症状。自分は絶対に歯周病ではないと言い切ることができる人はなかなかいないと思います。かなり軽度の歯周病であればご自宅でのクリーニングを徹底していただくことと、簡単な歯石取りで改善することが多いのですが、歯周病が進行すると歯を支える骨を溶かして歯が揺れてきたり、抜歯せざるを得ない状況になってしまうこともあります。歯周病も他の体の病気と同じで、早期発見、早期治療が重要なのです。ここだけ治療したい、治療を早く終わりたい、といったニーズにお応えすることももちろん可能ですが、せっかく来院していただくのであれば、ぜひ一度歯周病のチェックを受けてみられることをおすすめします。気になる方はいつでもお声掛け下さい。

    「自分の歯を残すために」
    一度折れたことがあって接ぎ木をした木とまだ折れたことのない木はどちらが折れにくそうでしょうか?なんとなく折れたことのない木のほうが折れにくそうなかんじがしますよね。人の歯も同じことが言えます。治療したことのない健康な歯に比べて、一度虫歯になってしまい治療をした歯は油断をするとまた悪くなってしまいやすいというのが現実です。そして治療の回数を重ねれば重ねるほど、自分の歯でない部分が占める割合が多くなっていって、最終的には歯を残すことができなくなってしまいます。この悪循環を断ち切るにはどうすればよいかというと、お口の中を清潔に保つ、これに尽きます。あなたは自分の歯磨きに絶対の自信がありますか?いくらがんばって治療や検診に通っていただいても、毎日の歯磨きがうまくできておらず汚れが残ったままの状態が続いてしまうと、残念ながらまた虫歯になってまた治療するの繰り返しになってしまいます。定期検診は虫歯のチェックをしているだけありません、普段のお手入れがしっかりできているかのチェックもさせていただいています。お口の健康は患者様といっしょに協力して作っていくものだと考えています。歯磨きについて疑問点があればいつでもご相談ください。

Your Hyginist

  • 藤井 美喜子

    • 日本歯周病学会 認定歯科衛生士
    • 日本臨床歯周病学会 認定衛生士
    • ZOOM!ホワイトニング 認定衛生士

    message

    生涯、自分の歯で。

    生涯ご自分の歯でおいしく食べることが、幸せにつながり豊かな生活を送ることができると思います。
    そのお手伝いをさせていただきます。日本では歯周病で歯を失う方が多いです。
    悩んでいらっしゃる方はぜひ一度当院にご相談ください。 お待ちしております。

  • 力丸 理絵

    • 日本臨床歯周病学会 認定衛生士
    • 日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター

    message

    おいしく楽しい人生を。

    虫歯や歯周病の原因や仕組を知らずに、また、これらは予防が可能なことを知らないまま治療ばかりを繰り返して苦労されている方がたくさんいらっしゃいます。
    正しい歯科の知識や予防の方法を担当衛生士がアドバイスいたします。
    健康で美しい歯を長く保ち美味しく食べる・楽しく話す人生を選びましょう!

  • 丸山 さやか

    • 日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター

    message

    明るい口元で素敵な笑顔に。

    もっと白い歯になりたい方、歯が黄色っぽくて困っている方、あなたのお口・生活習慣に合わせたホワイトニング方法をアドバイスさせて頂きます。
    口元が明るくなると、笑顔も素敵になります。ぜひ、お気軽にご相談下さい。

  • 南 翔子

    • 日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター

    message

    ホワイトニングで自然と笑顔に。

    自分の歯が「黄ばんでいる」「もっと白くしてみたい」と感じたことはありませんか?
    ホワイトニングは、加齢や食物中の色素の影響で変色した歯を、 削ることなく白くすることができます。
    歯が白くなることで口元、お顔全体が明るくなり、印象も変わります。
    その変化に多くの方が自然と笑顔になっていらっしゃいます。
    そのお手伝いをさせて頂きますので、ぜひご相談下さい。

  • 和田 郁美

    message

    ファッションやヘアスタイル、メイクと同じように口元はその方の印象を大きく左右します。
    美しい方が素敵ですよね。
    また、見た目のみでなく食事を楽しみ、健康で過ごすために、健康な歯は欠かせません。
    ぜひそのサポートをさせて下さい。まずは、お困りのこと等相談にいらして下さい。

  • 藤田 安紀

    message

    歯医者さんは苦手、痛いのは嫌。そういう方の不安を取り除き、歯医者さんが好きになれるようにお手伝いをさせて頂きます。
    食べる喜び、楽しい会話、素敵な笑顔を保つためにご自身の歯を守ることは健康への第一歩です。
    お子様から、ご年配の方まで、お口のことで悩んでいらっしゃる方はお気軽にご相談ください。

  • 下田 美穂

    message

    歯医者の怖い、行きたくないという嫌なイメージから、怖くない、また行きたいという気持ちになってもらえるよう日々頑張っています!!
    私と一緒に、健康寿命を延ばしましょう。

  • 池田 由紀子

    message

    「食べる、話す、笑う、呼吸する、など様々な役割を持つお口。その健康維持のお手伝いをさせていただくのが私たち歯科衛生士の仕事です。少しでもお口のことで気になることがありましたら、遠慮なくお越しくださいませ。お待ちしております!」

  • 徳永 美穂

    message

    歯周病や虫歯、聞いた事はあるけど自分のお口の中がどんな状態か分からない方が多いと思います。
    お口の中の状態を知り、一生自分の歯で過ごせるように私達がお手伝いします。

クリニカルコーディネータ

  • 佐々木 武子

    • 歯科衛生士免許
    • 日本歯科審美学会認定ホワイトニングコーディネーター
    • 日本歯科医療コーディネーター共栄会会員

    message

    患者さまと医師の架け橋になるよう。

    「歯医者さんに行くとき、どんな不安や悩みを支えていますか?」
    「やっぱり健康なお口でおいしく食べていたいですよね。」
    歯科医師や歯科衛生士に、患者さまのお気持ちをお伝えする役割をさせて頂いています。
    たくさんの患者さまと、歯科医師、衛生士に素敵な架け橋をかけられる様心がけております。
    どうぞ何でもご相談下さい。