今、上下の歯は当たっていませんか?

こんにちは、千里山田兄弟歯科、歯科医師の横山です。

ところでこのブログを読んで頂いてるみなさん。今、あなたの上下の歯は離れていますか?

もし歯が当たって咬みあっていたらすぐに歯を離してください。

仕事中や集中している時、考え事をしてる時に無意識に上下の歯を咬み合わす癖がある方は多くいらっしゃいます。この癖を専門用語でTCH(Tooth Contacting Habit)と呼びます。

もちろん食事や唾を飲み込む時などは歯と歯は接触していますが、その時間は1日のうちでわずか20分程といわれています。

激しく食いしばってるわけではないし大丈夫だろうという声も聞こえそうですが、実は歯がカツンと少し当たるだけでも歯や顎には良くないのです。

下顎は筋肉で頭の骨からぶら下がってる状態なので、本来は筋肉がリラックスした状態では下顎はダランと上顎から離れるのが正常です。この下顎の位置を下顎安静位と呼びます。
上下の歯が当たるという事は本来はだらんとさせておくべき下顎を筋肉がずっと持ち上げている状態になります。そうなると筋肉に負荷がかかり、筋肉が過度に強くなってしまいます。
イメージとしては軽いダンベルをずっと持たされてる感じです。

そうなると咬む力が過度に強くなってしまったり、歯軋り、食いしばりをし易くなってしまいます。

歯に強い力が加わるとさまざまな問題を引き起こします。代表的な例では
○歯の磨耗やそれに伴う知覚過敏
○被せ物、詰め物の破折、脱離
○歯の破折
○歯を支える骨が溶ける(歯周病の悪化)

また歯だけの問題にとどまらず顎関節にまで症状を起こす可能性もあります。

こういった事に対する治療として当院ではマウスピースを用いた治療法とボトックス注射を用いた治療法等を行なっております。

咬んで痛い歯がある方、しみる歯がある方
朝起きた時に顎がだるい感じがする方
歯軋り、食いしばりのある方
は歯科医院で歯がどのようになっているかチェックしてもらった方が良いかもしれません。

クリニックのご案内